平成25年度の緊急対応研究課題としてオランダの施設園芸調査など研究課題3件を公募(農林水産省)

農林水産省は10月22日、平成25年度の緊急対応研究課題として、オランダの大規模施設園芸拠点を支える産学官システムの調査・分析を含む3件の研究を公募すると発表した(募集は11月21日まで)。

▼ オランダを含めた海外の市場調査については、弊社でも協力・支援が可能です ▼
お気軽にご相談下さいませ(お問合せ先)


同省は、国内の研究勢力の結集や人材交流の活性化を図るとともに、革新的な技術の開発を基礎研究から実用化研究まで継ぎ目なく支援を行っている。ブレークスルーとなる技術を開発することによる農林水産食品分野の成長産業化及び地域の活性化に貢献するのが目的であり、テーマは以下の通りである。


1.シイタケ原木栽培における放射性セシウムリスクの低減技術の開発
2.豪雨対策におけるため池の簡易的な貯水位予測技術の開発
3.オランダの大規模施設園芸拠点を支える産学官システムの調査・分析



20131025 農水省2
<写真:オランダ型施設園芸栽培風景(GreenQにて)>


以下に、農林水産省のプレスリリースの一部を掲載しておく。

研究内容の背景・概要
<研究の必要性>
施設園芸分野については、オランダのグリーンポートも参考に、我が国において、これまでにない大規模に集約された施設園芸クラスターの形成を目指した『次世代施設園芸拠点』の整備を推進していくこととしています。一方、農業については、本年6月に策定された日本再興戦略(成長戦略)において、今後10年間で農業・農村全体の所得の倍増を目指すこととされましたが、戦略の実現を図るためには、早急にオランダの大規模施設園芸拠点を支える産学官システムについて調査・分析を行うことにより、その実態やノウハウを把握する必要があります。


<研究内容>
1.オランダ国内の主要なシステム構築企業や研究機関(ワーヘニンゲン大学)、農業コンサルタント会社等を対象に、研究開発から実証、普及まで
のプロセスと、各段階でのそれぞれの役割、あるいは普及にまで円滑に遂行するための仕組みを調査・分析する。

2.オランダ国内の農業生産団体や代表的な農業者を対象に、農業者側からみた研究開発や実証への参画(出資)の意味と、どのようなチェック機能
を持つべきかを調査・分析する。

3.エネルギーの効率的な利用のために、大規模なエネルギープラントや設備を複数生産者で共同管理・運営している拠点施設を対象に、その実態や仕組み、最新のエネルギー利用動向(省エネや石油代替エネルギーの利用技術の開発状況等)を調査・分析する。

4.グリーンハウスの建設・整備に補助金等の公的支援がほとんどないオランダでは、民間金融機関による融資等を活用することが主流である。このため、農業系金融機関、ラボバンク他金融機関や、農業経営系コンサルタントを対象に、大規模な拠点形成に対する金融機関の果たす役割、金融機関が持つ審査・評価能力の実態、ノウハウを調査・分析する。

5.施設園芸に関する研究交流会を開催し、我が国とオランダの特徴、相違点について、総合的な観点から分析を行う。また、上記(1,2,3,4)の調査結果をもとに、日本国内においてコスト低減や収益増大を目指す大規模園芸施設を導入する際のマニュアルを作成する。
本研究対象では、上記1・2・3・4及び5を併せて実施できる研究実施機関(研究グループ)を公募します。採択は1件を予定しています。


【研究実施期間及び研究費上限額】
上記研究対象に係る研究については、本年度内に終了し、初期の成果を出すことを求めます。なお、研究費については9百万円を上限とします


*応募される際の詳細はこちらをご確認ください


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  3. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
ページ上部へ戻る