高軒高ハウスによる増収・増益を目指し、高知県の気候に適したオランダ型施設園芸システムの開発へ(高知県農業技術センター)

高知県農業技術センターは、高軒高ハウスによる新たな施設園芸システムの開発を進めている。高軒高のオランダ型施設栽培システムをモデルに、高知県の気候に合った栽培方式を探るもの。温湿度や二酸化炭素(CO2)の環境制御技術などで、30〜50%の収量増、暖房コスト20%減など、低コスト・高収益の栽培システムの確立を目指す


同技術センターの主な事業は「高知県産農産物の高付加価値化」、「中山間地域の農業・農村を支える仕組み強化」、「新たな担い手の確保・育成と経営体の強化」を技術的な面から積極的に支援するため、農業者の所得向上に結びつく出口の見える研究開発を進め、普及組織と連携してその成果の早期移転に努めることである。


高知は全国有数の施設園芸県であるナス、ピーマン、キュウリなど県産の主要品目では栽培体系が確立されており、農家の技術力も高い。しかし、他の産地と同様に高齢化が進んでいるため、経営規模や単収を上げて生産力を高めていく方針


オランダでは軒高6メートル程度のガラス温室が一般的だが、同センターでは台風の影響なども考慮して、4メートルのプラスチックハウス6棟を建設。温度や湿度、CO2の濃度を制御してハイワイヤー栽培などの実証試験を続けている。(参考:全国農業新聞)


20131025 高知県農業技術センター120131025 高知県農業技術センター2
<写真:高軒高ハウスでのパプリカの実証試験、軒高4メートルのブラスチックハウス>


<資料:参考資料:同センター・ホームページより
暖房機を用いた結露制御によるシシトウ黒枯病の防除PDFファイル
炭酸ガス施用による促成パプリカの増収技術PDFファイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  10. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る