高軒高ハウスによる増収・増益を目指し、高知県の気候に適したオランダ型施設園芸システムの開発へ(高知県農業技術センター)

高知県農業技術センターは、高軒高ハウスによる新たな施設園芸システムの開発を進めている。高軒高のオランダ型施設栽培システムをモデルに、高知県の気候に合った栽培方式を探るもの。温湿度や二酸化炭素(CO2)の環境制御技術などで、30〜50%の収量増、暖房コスト20%減など、低コスト・高収益の栽培システムの確立を目指す


同技術センターの主な事業は「高知県産農産物の高付加価値化」、「中山間地域の農業・農村を支える仕組み強化」、「新たな担い手の確保・育成と経営体の強化」を技術的な面から積極的に支援するため、農業者の所得向上に結びつく出口の見える研究開発を進め、普及組織と連携してその成果の早期移転に努めることである。


高知は全国有数の施設園芸県であるナス、ピーマン、キュウリなど県産の主要品目では栽培体系が確立されており、農家の技術力も高い。しかし、他の産地と同様に高齢化が進んでいるため、経営規模や単収を上げて生産力を高めていく方針


オランダでは軒高6メートル程度のガラス温室が一般的だが、同センターでは台風の影響なども考慮して、4メートルのプラスチックハウス6棟を建設。温度や湿度、CO2の濃度を制御してハイワイヤー栽培などの実証試験を続けている。(参考:全国農業新聞)


20131025 高知県農業技術センター120131025 高知県農業技術センター2
<写真:高軒高ハウスでのパプリカの実証試験、軒高4メートルのブラスチックハウス>


<資料:参考資料:同センター・ホームページより
暖房機を用いた結露制御によるシシトウ黒枯病の防除PDFファイル
炭酸ガス施用による促成パプリカの増収技術PDFファイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  2. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  3. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  5. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  6. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  7. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  9. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  10. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
ページ上部へ戻る