病院内に植物工場を設置、入院患者への栽培区画の無料提供。収穫レタスはサラダやスムージーに利用(下北沢病院)

下北沢病院(東京都世田谷区)は、院内で水耕栽培ができる「植物工場」を設置している。植物工場の大きさは高さ2.6メートル、幅3.5メートル、奥行き1.1メートル。4段に分かれており、1段当たり約30区画。2012年3月に導入し、4月から患者向けの食事に使い始めた。実際の病院に植物工場が導入されたのはこれが初の事例という。


院内では入院患者へ植物工場の区画提供も無料で行っている。患者の入院日に合わせて種を植え、その成長過程を見て、治療の励みにする、といった目的もある。自らの区画に希望する名前のプレートを立てることができ、ペットの名前を付ける人も多いという。区画提供を始めたのは昨年6月で、今まで73人が植物を育ててきた。


「歩ける患者は植物工場をしょっちゅう見に来ていて、見られない患者はデジカメで取った画像を楽しんでいる。見舞いに来る患者の家族にも植物工場を喜ばれている」という。

現在はレタスを栽培しており、種を植えてから約6週間で収穫し、レタスはサラダやスムージーに活用されている。今後は、栄養価が豊富な野菜や機能性のある野菜などの栽培を予定している、という。(参考:下北沢経済新聞より)

20131017 下北沢病院2

<写真:下北沢病院外装>


下北沢病院概要
名称:医療法人社団青泉会 下北沢病院
病院長:山口晃弘(診療科目:リウマチ科・内科)
所在地:東京都世田谷区北沢2−8−16
診療科目:リウマチ科、内科(呼吸器、循環器、消化器、糖尿病)、整形外科、リハビリテーション科
許可病床数:56床 (一般病棟34床、回復期リハビリテーション病棟22床)
設備:16列マルチスライスCT、X線骨密度測定装置、単純レントゲン装置、内視鏡システム、超音波診断装置、心電計
受付時間:8時30分〜11時30分、13時30分〜16時330分
定休:日曜・祝日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  8. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  9. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
ページ上部へ戻る