病院内に植物工場を設置、入院患者への栽培区画の無料提供。収穫レタスはサラダやスムージーに利用(下北沢病院)

下北沢病院(東京都世田谷区)は、院内で水耕栽培ができる「植物工場」を設置している。植物工場の大きさは高さ2.6メートル、幅3.5メートル、奥行き1.1メートル。4段に分かれており、1段当たり約30区画。2012年3月に導入し、4月から患者向けの食事に使い始めた。実際の病院に植物工場が導入されたのはこれが初の事例という。


院内では入院患者へ植物工場の区画提供も無料で行っている。患者の入院日に合わせて種を植え、その成長過程を見て、治療の励みにする、といった目的もある。自らの区画に希望する名前のプレートを立てることができ、ペットの名前を付ける人も多いという。区画提供を始めたのは昨年6月で、今まで73人が植物を育ててきた。


「歩ける患者は植物工場をしょっちゅう見に来ていて、見られない患者はデジカメで取った画像を楽しんでいる。見舞いに来る患者の家族にも植物工場を喜ばれている」という。

現在はレタスを栽培しており、種を植えてから約6週間で収穫し、レタスはサラダやスムージーに活用されている。今後は、栄養価が豊富な野菜や機能性のある野菜などの栽培を予定している、という。(参考:下北沢経済新聞より)

20131017 下北沢病院2

<写真:下北沢病院外装>


下北沢病院概要
名称:医療法人社団青泉会 下北沢病院
病院長:山口晃弘(診療科目:リウマチ科・内科)
所在地:東京都世田谷区北沢2−8−16
診療科目:リウマチ科、内科(呼吸器、循環器、消化器、糖尿病)、整形外科、リハビリテーション科
許可病床数:56床 (一般病棟34床、回復期リハビリテーション病棟22床)
設備:16列マルチスライスCT、X線骨密度測定装置、単純レントゲン装置、内視鏡システム、超音波診断装置、心電計
受付時間:8時30分〜11時30分、13時30分〜16時330分
定休:日曜・祝日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  8. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  9. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  2. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
ページ上部へ戻る