マイタケ繊維に含まれるα-グルカンの機能性についての共同研究結果を発表(雪国まいたけ・新潟薬科大学)

株式会社雪国まいたけでは、10月23日〜10月25の3日間、東京ビッグサイトで開催されるアグリビジネス創出フェア2013に出展し、マイタケの繊維とマイタケに含まれるα-グルカンの機能性について新潟薬科大学佐藤眞治教授との共同研究の結果を発表するマイタケの繊維は、現在販売している機能性食品、MDフラクション(R)の製造過程で得られたものであり、便秘傾向な成人女性において良好な整腸作用を示したという。


以下に、同社によるプレスリリースを掲載する。

平成25年10月16日(水)株式会社雪国まいたけ


株式会社 雪国まいたけ(本社:新潟県南魚沼市、代表取締役:大平喜信 以下、弊社)は、本年10月23日(水)〜10月25日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されるアグリビジネス創出フェア2013に出展し、マイタケの繊維とマイタケに含まれるα-グルカンの機能性について新潟薬科大学佐藤眞治教授との共同研究の結果を発表致します。弊社では、アグリビジネスフェア2013を通じて、マイタケから得られる機能性素材の研究や製品開発のさらなる発展を目指してまいります。


20131022 雪国まいたけ


機能性1)まいたけの繊維で便秘改善
今回発表するまいたけの新効能は、新潟薬科大学との共同研究から生み出したものです。マイタケの繊維は、現在販売している機能性食品、MDフラクション(R)の製造過程で得られたもので、便秘傾向な成人女性において良好な整腸作用を示しました。


20131017 雪国まいたけ1

<便秘傾向な成人女性において良好な整腸作用が得られた>

◆YM‐11=マイタケ繊維


20131017 雪国まいたけ2
<糖尿病モデルラットに長期摂取させたところ血糖値の上昇を抑制した>

◆YM‐2A=マイタケα-グルカン


プレゼン日程
10月23日(水)A会場:14時30分〜14時50分、東京ビッグサイトにてマイタケ繊維とα-グルカンの機能性についてのプレゼンテーションを予定しております。


新潟薬科大学 佐藤眞治教授
ニューヨーク州立大学バッファロー校 博士研究員 (1987〜)
富山医科薬科大学 薬学部 教務職員(1989〜)
新潟薬科大学 薬学部 助手(1990〜)
新潟薬科大学 応用生命科学部 助教授(2003〜)
新潟薬科大学 応用生命科学部 准教授(2007〜)
新潟薬科大学 応用生命科学部 教授(2012〜)


<研究分野・領域>
1.食品分析学:糖質分析、アミノ酸・ペプチド分析
2.食品機能科学:低GI食品


<研究課題>
課題:メタボリック症候群を予防する機能性食品の機能評価
メタボリック症候群の発症予防に効果を発揮する機能性食品の機能評価を行っています。


アグリビジネス創出フェア公式HP http://agribiz-fair.jp/
アグリビジネス創出フェア2013は全国の産学の各機関の有する農林水産・食品分野などの最新技術や研究成果を展示やプレゼンテーションなどで分かりやすく紹介し研究機関間や研究機関と事業者との連携を促す場として開催する「技術・交流展示会」です。


<開催概要>
名称:アグリビジネス創出フェア2013(Agribusiness Creation Fair 2013)
開催日時:2013年10月23日(水)〜10月25日(金)の3日間 10:00〜17:00
会場:東京ビッグサイト東6ホール 〒135‐0063 東京都江東区有明3−11−1
(りんかい線「国際展示場」駅下車 徒歩7分、ゆりかもめ「国際展示場正門」駅下車徒歩3分)
主催:農林水産省
入場料:無料
展示規模:200団体(予定)
予定来場者数:35000人(目標)


株式会社雪国まいたけ会社概要
社名:株式会社雪国まいたけ(YUKIGUNI MAITAKE CO.,LTD.)
代表者名:代表取締役社長 大平喜信
本社所在地:〒949−6695 新潟県南魚沼市余川89番地 
上場取引所:東京証券取引所第2部(コード番号1378)
創業年月:1982年2月
設立年月:1983年7月
事業内容:まいたけ、えりんぎ、ぶなしめじ、きのこの加工食品の製造販売及びもやし、カット野菜等の販売
資本金:16億521万円
売上高:連結260億42百万円、単体243億89百万円(2011年4月1日〜2012年3月31日)
従業員数:1011名(他、臨時従業員632名)2012年3月末現在


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  2. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  4. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  6. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る