マイタケ繊維に含まれるα-グルカンの機能性についての共同研究結果を発表(雪国まいたけ・新潟薬科大学)

株式会社雪国まいたけでは、10月23日〜10月25の3日間、東京ビッグサイトで開催されるアグリビジネス創出フェア2013に出展し、マイタケの繊維とマイタケに含まれるα-グルカンの機能性について新潟薬科大学佐藤眞治教授との共同研究の結果を発表するマイタケの繊維は、現在販売している機能性食品、MDフラクション(R)の製造過程で得られたものであり、便秘傾向な成人女性において良好な整腸作用を示したという。


以下に、同社によるプレスリリースを掲載する。

平成25年10月16日(水)株式会社雪国まいたけ


株式会社 雪国まいたけ(本社:新潟県南魚沼市、代表取締役:大平喜信 以下、弊社)は、本年10月23日(水)〜10月25日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されるアグリビジネス創出フェア2013に出展し、マイタケの繊維とマイタケに含まれるα-グルカンの機能性について新潟薬科大学佐藤眞治教授との共同研究の結果を発表致します。弊社では、アグリビジネスフェア2013を通じて、マイタケから得られる機能性素材の研究や製品開発のさらなる発展を目指してまいります。


20131022 雪国まいたけ


機能性1)まいたけの繊維で便秘改善
今回発表するまいたけの新効能は、新潟薬科大学との共同研究から生み出したものです。マイタケの繊維は、現在販売している機能性食品、MDフラクション(R)の製造過程で得られたもので、便秘傾向な成人女性において良好な整腸作用を示しました。


20131017 雪国まいたけ1

<便秘傾向な成人女性において良好な整腸作用が得られた>

◆YM‐11=マイタケ繊維


20131017 雪国まいたけ2
<糖尿病モデルラットに長期摂取させたところ血糖値の上昇を抑制した>

◆YM‐2A=マイタケα-グルカン


プレゼン日程
10月23日(水)A会場:14時30分〜14時50分、東京ビッグサイトにてマイタケ繊維とα-グルカンの機能性についてのプレゼンテーションを予定しております。


新潟薬科大学 佐藤眞治教授
ニューヨーク州立大学バッファロー校 博士研究員 (1987〜)
富山医科薬科大学 薬学部 教務職員(1989〜)
新潟薬科大学 薬学部 助手(1990〜)
新潟薬科大学 応用生命科学部 助教授(2003〜)
新潟薬科大学 応用生命科学部 准教授(2007〜)
新潟薬科大学 応用生命科学部 教授(2012〜)


<研究分野・領域>
1.食品分析学:糖質分析、アミノ酸・ペプチド分析
2.食品機能科学:低GI食品


<研究課題>
課題:メタボリック症候群を予防する機能性食品の機能評価
メタボリック症候群の発症予防に効果を発揮する機能性食品の機能評価を行っています。


アグリビジネス創出フェア公式HP http://agribiz-fair.jp/
アグリビジネス創出フェア2013は全国の産学の各機関の有する農林水産・食品分野などの最新技術や研究成果を展示やプレゼンテーションなどで分かりやすく紹介し研究機関間や研究機関と事業者との連携を促す場として開催する「技術・交流展示会」です。


<開催概要>
名称:アグリビジネス創出フェア2013(Agribusiness Creation Fair 2013)
開催日時:2013年10月23日(水)〜10月25日(金)の3日間 10:00〜17:00
会場:東京ビッグサイト東6ホール 〒135‐0063 東京都江東区有明3−11−1
(りんかい線「国際展示場」駅下車 徒歩7分、ゆりかもめ「国際展示場正門」駅下車徒歩3分)
主催:農林水産省
入場料:無料
展示規模:200団体(予定)
予定来場者数:35000人(目標)


株式会社雪国まいたけ会社概要
社名:株式会社雪国まいたけ(YUKIGUNI MAITAKE CO.,LTD.)
代表者名:代表取締役社長 大平喜信
本社所在地:〒949−6695 新潟県南魚沼市余川89番地 
上場取引所:東京証券取引所第2部(コード番号1378)
創業年月:1982年2月
設立年月:1983年7月
事業内容:まいたけ、えりんぎ、ぶなしめじ、きのこの加工食品の製造販売及びもやし、カット野菜等の販売
資本金:16億521万円
売上高:連結260億42百万円、単体243億89百万円(2011年4月1日〜2012年3月31日)
従業員数:1011名(他、臨時従業員632名)2012年3月末現在


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  7. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  8. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  10. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  2. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  3. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る