福井県の「企業的園芸参入支援事業」の許認可を受け、完全人工光型植物工場ビジネスへの参入を発表(菱熱工業)

菱熱工業(東京都大田区)は10月16日、福井県南越前町に植物工場「ビタミンファーム」を建設し、植物工場ビジネスに参入することを発表した。同工場は、福井県の「企業的園芸参入支援事業」の許認可を受け、2013年10月下旬に着工。延べ床面積は1417平方メートルで総工費は3億4800万円、2014年3月の本格稼働を予定している


同工場では「独自の配合技術を施した培養液の使用」と「栽培室全体のダクトレス化」が図られているほか、乳酸菌飲料工場などのエンジニアリングビジネスで培った、フィルタを用いた殺菌技術の応用や、植物に対して成長を促すストレス管理を含めた「Ryonetsuヘルスメンテナンスシステム」の採用により、野菜の「長鮮度」と「栄養価調整」を可能にするという。


また、空調には空冷ヒートポンプマルチパッケージエアコンを使い、栽培室全体にダクトレスで温度を調節した風を送る「Ryonetsuリレー空調システム」を採用。これにより栽培環境(温度・湿度・CO2濃度)の均一化を低コストで実現し、設置・運営コストを1〜2割抑えられるとしている。その内訳は設置費用およそ20%、運営コストにおいて10%強である。


20131016 菱熱工業

<写真:福井県南越前町「ビタミンファーム」(マイナビニュースより引用)>



栽培が予定されているのはリーフ系レタスなどの葉物類(最大生産数:日産4400株)で、加工野菜市場に特化し、大手食品工場などに売り込む計画栽培工程は、クリーンルームで種を植えつけ、温度25度・湿度80%で2日間発芽させ、続いて温度23度・湿度70%で30日間栽培棚で苗を育てて収穫、トリミングして包装する形となる


なお、同社では将来展望として、自社以外の植物工場の設計施工などプラント・エンジニアリング事業、明治大学農学部の池田敬准教授との共同研究による新品種の開発に取り組むなど、”植物工場の総合エンジニアリング企業”としてソフト・ハードの両方を提供していくほか、植物工場のメリットの1つである栽培工程の標準化を活用することで、同町内、県内から正社員・パートを募集し、5年以内に15名程度の地元雇用を目指すとしており、こうした植物工場ビジネスの新しい形の実現を進めることで、3年後に10億円の売り上げを目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  4. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  7. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  8. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  2. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
ページ上部へ戻る