『太陽光型植物工場・イチゴ栽培管理技術者』育成講座をスタート

弊社では、世界トップレベルの品質・品種改良技術を持つ『日本のイチゴ』をテーマに、世界市場にて活躍できる栽培管理技術者の育成を目指したプログラム「太陽光型植物工場・イチゴ栽培管理技術者(申込サイト)」を開始します。

※ プログラム案内資料「太陽光型植物工場・イチゴ栽培管理技術者(PDFファイル)」

『太陽光型植物工場・イチゴ栽培管理技術者』育成講座をスタート

『太陽光型植物工場・イチゴ栽培管理技術者』育成講座をスタート
世界トップレベルの品質・品種改良技術を持つ『日本のイチゴ』
世界市場にて活躍できる栽培管理技術者の育成を目指します!!


施設園芸や植物工場ビジネスの調査・コンサルティングを行うNPO法人イノプレックスでは、「太陽光型植物工場・イチゴ栽培管理技術者(申込サイト)」の育成講座を11月15日から開始します。本講座は、植物工場管理技術者の資格認定講座を実施する株式会社アイ・エム・エー、施設栽培にてイチゴやトマトの生産を行う横田ファームの3社が協力して実施するものです。


日本において、イチゴはトマトと並んで最も重要な園芸作物(約2,000億円)の一つであり、年間を通じて高い価格で取引されております(国内の年平均価格は約1,000円/kg)。イチゴは、ビタミンC・アントシアニン・ポリフェノールなどが含まれており、その機能性も評価され、世界でも人気のある作物です。


1990年と2005年での消費量を比較すると、米国(65%増)・オーストラリア(60%増)・EU諸国など世界各国でイチゴの消費量が伸びております。例えば、韓国の消費量は日本の約3倍であり、一人当たりの消費量は10.41g/dayと推計されています(日本の場合3.62g/day)(※1)。


日本のイチゴについて、品質(食味や外観)や品種改良技術は世界でもトップクラスといえます。その証拠に韓国や中国では、多くの日本品種が栽培されており、イチゴを含めた農業ビジネスでは今後、グローバルな人材育成が必要不可欠となります。


そこで今回の育成講座では、施設園芸の中でも、太陽光を利用した植物工場に特化し、養液栽培の基礎、イチゴの栽培管理技術、国内外の市場動向や経営戦略について体系的に学ぶことで、グローバル市場でも活躍できる人材育成を目的としております。

2014年からは実習を中心とした本格的な研修コース(応用コース)も開催予定となっております。また、受講者が海外進出を検討している場合には、現地の市場調査やパートナー候補の選定、各資材の調達から栽培指導までのトータルサービスについて支援いたします。

(※1)食糧農業機関(FAO)2005年のデータから引用


◆ NPO法人イノプレックス ◆
施設園芸や植物工場ビジネスの調査・コンサルティング機関。過去にも、インド・マレーシア・韓国などのイチゴの市場調査を実施、農業分野における新規参入支援を行なっている。

◆ 株式会社アイ・エム・エー ◆
植物工場管理技術者の資格認定講座機関。福島県川内村の植物工場施設の設計などを担当。近年では新たな栽培方式「垂直式」植物工場システムの販売にも力をいれている

◆ 横田ファーム ◆
養液栽培によるイチゴの栽培農家。全国各地の農家へイチゴの栽培技術指導を行なう。千葉市内にて、施設を使った「観光イチゴ園」、「ミニトマト」「野菜、花き苗」の生産や露地畑で、ブロッコリー、じゃがいも等の野菜生産を行っています。

※ プログラム案内資料「太陽光型植物工場・イチゴ栽培管理技術者(PDFファイル)」
※ 申込サイト:http://www.i-m-a.jp/labo/?page_id=3698


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  8. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  9. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  10. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  2. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  3. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る