空中型ソーラー発電装置を農地に設置、農業と発電事業のソーラーシェアリングに関する実証研究を開始(Looop・宮崎大学)

地上設置型の太陽光発電システムを販売するLooopは、2013年10月から宮崎大学とソーラーシェアリングによる影響について共同研究を開始した。研究の目的は農業と太陽光発電システムの共存、ソーラーシェアリングである。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。(photo:同社ウェブサイトより引用)

空中型ソーラー発電装置を農地に設置、農業と発電事業のソーラーシェアリングに関する実証研究を開始(Looop・宮崎大学)

宮崎大学農学部とソーラーシェアリングの共同研究を開始
〜農地における太陽光発電設備運用の課題解決を目指して〜



株式会社Looopと国立大学法人宮崎大学農学部(以下、宮崎大学農学部)は、本日より、ソーラーシェアリング※1実施時の太陽光発電システムの遮光等による農作物の生育・収量に及ぼす影響および売電収入試算等を考慮した経済性に関する研究を開始いたしました。


本共同研究の第1期※2は、宮崎大学農学部の霧村雅昭助教を中心に、ソーラーシェアリングに適した作物や品種の選抜および栽培方法に関する研究を行い、Looopの研究チームは農地における太陽光発電システムの最適なシステム運用方法について研究を行います。弊社はその研究成果を活用し、システム改善やソーラーシェアリングを希望する顧客への提案に役立てていきます。


なお、Looopは本共同研究に、本年11月発売予定のMY発電所キット 空中型の新製品「ソラシェア※3」を投入いたします。また、本共同研究について、2013年10月3日14時から、関西PVExpo会場において説明会を開催いたします。


※1 農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備等の発電設備を設置し、農業と発電事業を同時に行います。

※2 第1期は2013年10月1日から2014年3月31日の予定です。

※3 ソーラーシェアリング向け太陽光発電システムのキット。これまで顧客等から寄せられた要望を基に、太陽光発電システムの架台下での農業機械を使った作業性向上と、太陽光パネルの自由な角度設定により容易に遮光率変更を実現する新商品です。詳細は、2013年10月2日〜2013年10月4日開催の関西PVExpoのLooopブースで発表します。


【Looopについて】

東日本大震災後の2011年4月に会社を設立。宮城県石巻市へソーラー発電システムの無償設置をはじめ、震災被害地へ太陽光発電で支援を行いました。その後、電力の固定価格買取制度(FIT)の開始に先んじて太陽光発電所をDIY感覚で作れる「MY発電所キット」をリリース。FITの追い風もあり制度開始から半年で日本全国200ヶ所以上での設置を達成しました。将来はこのソーラーシェアリングを始め、風力や水力などにも視野に入れた自然エネルギー専門のリーディングカンパニーを目指しています。


【MY発電所キット 空中型について】

「MY発電所キット 空中型」は太陽光(ソーラー)のシェア(共有)をコンセプトに地上から数m上空にパネルを設置する太陽光発電システムです。パネル同士の間隔を自由に空けて並べることで太陽光を地上にも届かせる仕組みを持ち、空中型を設置すると上空では太陽光による発電を行い地上では家庭菜園や緊急時の避難場所など使うなど、土地を様々な形で有効活用できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  9. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  10. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  4. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
ページ上部へ戻る