空中型ソーラー発電装置を農地に設置、農業と発電事業のソーラーシェアリングに関する実証研究を開始(Looop・宮崎大学)

地上設置型の太陽光発電システムを販売するLooopは、2013年10月から宮崎大学とソーラーシェアリングによる影響について共同研究を開始した。研究の目的は農業と太陽光発電システムの共存、ソーラーシェアリングである。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。(photo:同社ウェブサイトより引用)

空中型ソーラー発電装置を農地に設置、農業と発電事業のソーラーシェアリングに関する実証研究を開始(Looop・宮崎大学)

宮崎大学農学部とソーラーシェアリングの共同研究を開始
〜農地における太陽光発電設備運用の課題解決を目指して〜



株式会社Looopと国立大学法人宮崎大学農学部(以下、宮崎大学農学部)は、本日より、ソーラーシェアリング※1実施時の太陽光発電システムの遮光等による農作物の生育・収量に及ぼす影響および売電収入試算等を考慮した経済性に関する研究を開始いたしました。


本共同研究の第1期※2は、宮崎大学農学部の霧村雅昭助教を中心に、ソーラーシェアリングに適した作物や品種の選抜および栽培方法に関する研究を行い、Looopの研究チームは農地における太陽光発電システムの最適なシステム運用方法について研究を行います。弊社はその研究成果を活用し、システム改善やソーラーシェアリングを希望する顧客への提案に役立てていきます。


なお、Looopは本共同研究に、本年11月発売予定のMY発電所キット 空中型の新製品「ソラシェア※3」を投入いたします。また、本共同研究について、2013年10月3日14時から、関西PVExpo会場において説明会を開催いたします。


※1 農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備等の発電設備を設置し、農業と発電事業を同時に行います。

※2 第1期は2013年10月1日から2014年3月31日の予定です。

※3 ソーラーシェアリング向け太陽光発電システムのキット。これまで顧客等から寄せられた要望を基に、太陽光発電システムの架台下での農業機械を使った作業性向上と、太陽光パネルの自由な角度設定により容易に遮光率変更を実現する新商品です。詳細は、2013年10月2日〜2013年10月4日開催の関西PVExpoのLooopブースで発表します。


【Looopについて】

東日本大震災後の2011年4月に会社を設立。宮城県石巻市へソーラー発電システムの無償設置をはじめ、震災被害地へ太陽光発電で支援を行いました。その後、電力の固定価格買取制度(FIT)の開始に先んじて太陽光発電所をDIY感覚で作れる「MY発電所キット」をリリース。FITの追い風もあり制度開始から半年で日本全国200ヶ所以上での設置を達成しました。将来はこのソーラーシェアリングを始め、風力や水力などにも視野に入れた自然エネルギー専門のリーディングカンパニーを目指しています。


【MY発電所キット 空中型について】

「MY発電所キット 空中型」は太陽光(ソーラー)のシェア(共有)をコンセプトに地上から数m上空にパネルを設置する太陽光発電システムです。パネル同士の間隔を自由に空けて並べることで太陽光を地上にも届かせる仕組みを持ち、空中型を設置すると上空では太陽光による発電を行い地上では家庭菜園や緊急時の避難場所など使うなど、土地を様々な形で有効活用できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  2. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  3. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  4. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  2. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  3. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る