フィリップス製の植物育成用LED照明による成長促進効果の最大化とチップバーンの抑制を実現(シーシーエス、玉川大学)

LED照明メーカーのシーシーエス株式会社は、玉川大学との共同研究により、ロイヤル フィリップス社の製植物栽培用LED照明を用いて、チップバーンを発生させることなく植物の成長を最大限に促進する栽培方法を完成した。同社は成長促進効果の極めて高いフィリップス社製植物栽培用LED照明とともに、この栽培方法を提案することで、植物工場の生産性の向上に貢献していく。


以下に、シーシーエスによるプレスリリースを掲載する。

2013年9月18日
シーシーエス株式会社
植物栽培方法に関する玉川大学との共同研究に成果

フィリップス社製植物栽培用LED照明による成長促進効果を最大限に実現


LED照明メーカーのシーシーエス株式会(本社:京都市上京区、代表執行役社長 各務嘉郎、以下シーシーエス)は、玉川大学(東京都町田市、学長 小原芳明)との共同研究により、ロイヤル フィリップス社(以下、フィリップス社)製植物栽培用LED照明を用いて、チップバーンを発生させることなく植物の成長を最大限に促進する栽培方法を見出しました。シーシーエスは、成長促進効果の極めて高いフィリップス社製植物栽培用LED照明とともに、この栽培方法を提案することで、植物工場の生産性の向上に貢献してまいります。


成長促進とチップバーン発生のジレンマ
チップバーンとは、植物が成長するために必要な要素の一つであるカルシウムの欠乏により、葉先が焼けたように黒くなる生理障害で、成長促進過多により発生します。チップバーンが発生した場合には、野菜としての商品価値が落ちるため、選別作業が必要になり、廃棄率が上がるなど、生産上の大きな問題となります。多くの植物工場では、光量を上げて成長促進を高めて収穫量を増やすとチップバーンが発生し生産性が上がらない、というジレンマに悩まされており、植物工場の生産性向上のために有効な解決策が望まれておりました。


玉川大学との共同研究の主な成果
シーシーエスはこの問題を解決するために、LED照明を用いた植物工場の研究で長年の実績を持つ玉川大学農学部渡邊博之教授と2012年9月から、チップバーン発生の原因であるカルシウム欠乏を回避する栽培方法についての共同研究を進めてまいりました。


栽培養液中のカルシウムと各種要素との関係性から、カルシウム吸収を促進する養液の処方を検討し、栽培試験を重ねた結果、光環境に合わせた適切な養液の処方を見出しました。また、養液の吸収を促す空気の流れ、すなわち最適な風速の制御方法を導き出すことができました。その結果、成長量を維持したまま、チップバーンを抑制する栽培方法を見出すに至りました。

フィリップス製の植物育成用LED照明による成長促進効果の最大化とチップバーンの抑制を実現(シーシーエス、玉川大学)

<photo:同社ウェブサイトより引用>


フィリップス社製植物栽培用LED照明の特長
フィリップス社製植物栽培用LED照明は、優れた成長促進効果を有しており、特に遠赤色を含むLED照明は、植物工場で多く使われているHf蛍光灯に比べて消費電力量当たり2倍以上の収穫量が得られます。今回、シーシーエスと玉川大学との共同研究の成果により、フィリップス社製植物栽培用LED照明が持つ成長促進効果を最大限に活用することが可能となりました。


シーシーエスは、今後、この技術をフィリップス社製植物栽培用LED照明の販売時に合わせてお客様へ提案してまいります。LED照明の性能を十分に発揮できる栽培方法を提案することで、植物工場の生産性向上に寄与し、当該分野の発展に貢献してまいります。また、玉川大学 渡邊教授とは、今後も継続してLED照明を活用した植物工場の生産性向上のための研究を進めてまいります。併せて、オランダをはじめとして世界中の農業現場での導入実績を持つフィリップス社とも協力しながら、植物工場分野の市場拡大に貢献する活動を続けてまいります。


なお、これらの研究結果の詳細は、2014年の日本生物環境工学会において、発表を予定しております。


玉川大学について
玉川大学は、創立者小原國芳が掲げた「全人教育」を教育理念とし、幼稚部から大学院まで約1万人が広大なキャンパスに集い、幅広い教育・研究活動を展開しています。「全人教育」では、「真・善・美・聖・健・富」の6つの価値を調和的に創造することを教育の理想としています。より専門的な知識と豊かな人間性を備え、日本社会さらには世界へ貢献する気概のある人材を育成していくことを使命としています。高等教育機関として伝統的に人間教育を重視してきた玉川大学は、同時に研究機関として最先端科学技術の発展にも力を入れています。特に、LEDを光源とした野菜生産システムの開発については、付属研究機関である学術研究所生物機能開発研究センターのFuture Sci Tech Labを中心に基礎から応用までの幅広い研究を展開しています


ロイヤルフィリップスについて
ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG、AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野に置いて健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2012年の売上は248億ユーロ、世界100カ国以上に約115000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。


シーシーエス株式会社について
シーシーエス株式会社は、1993年に京都で工業用途での検査用LED照明メーカーとして創業以来、検査用LED照明の分野ではリーディングカンパニーとして、トップシェアを誇ります。工業用途で培った照明の使い方により検査精度を高める技術、ライティングソリューションを強みに様々な分野へ展開しています。2007年には太陽光に近い光の「自然光LED」を開発、光の質が求められる美術館や博物館などに最適な照明を提供しています。植物育成用LED照明分野では10年以上の研究実績があり、2012年にロイヤル フィリップス社とHortiPartnershipを締結し、国内におけるフィリップス社製植物栽培用LED照明の販売を開始しました


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  3. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  4. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  5. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  8. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  9. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  10. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る