耕作放棄地を活用した熊本・天草でのオリーブ栽培事業・独自ブランド商品の販売強化(九電工)

九電工は熊本・天草で栽培しているオリーブを使った事業を強化する。天草産100%のオリーブオイルを使った美容液を初めて商品化し、10月に投入。福岡市内の百貨店には同社のオリーブ関連の化粧品や食品を販売する専用売り場も設ける。オリーブ関連事業の売上高を3年後をメドに6倍に伸ばし、単年度黒字化を目指す


美容液の新商品は「天草オリーブディープエッセンス」(20ミリリットル入りで5460円)で、10月2日に発売する。オリーブから抽出する保湿成分を使ったスキンケア商品は従来、輸入オリーブオイルを主成分とする美容液(同3990円)などを販売していた。今後は高品質の天草産100%の商品も取りそろえ、中高年女性層を中心に売り込んでいく


同社のオリーブ関連商品の専用売り場は同日、福岡市天神地区の岩田屋本店に設置。オリーブ関連の独自ブランド「アビーロ」のスキンケア商品やオリーブオイル、オリーブの実など計約30品目を販売する。売り場はこれまで、天神地区に直営店「アビーロ福岡」1店舗を出店していた。これを岩田屋に移転する。このほか、専用サイトでのインターネット通信販売は今後も継続する。


九電工は2010年1月に天草でのオリーブ栽培に参入した新規事業として農業を検討していた同社と、耕作放棄地の増加や後継者不足に悩む熊本県側の思惑が一致。当初は3年間の試験事業と位置付けていたが、同社はこのほど事業の継続・拡大を決めた


オリーブ関連事業の13年3月期の売上高は約8000万円で、3年後をメドに6倍の5億円程度に引き上げる方針。同社は主力の電気設備工事が競争激化によって利益率が低下しており、今後は高付加価値のオリーブ関連事業で収益を補っていく考えだ。(参考:日本経済新聞)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  4. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  5. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  6. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る