農林漁業者が加工や販売分野に進出する6次産業化を支援するファンド「ちゅうぎんアグリサポートファンド」を設立(中国銀行)

中国銀行は10月4日、農林漁業者が加工や販売分野に進出する6次産業化を支援するファンドを設立したと発表した。ファンド総額は5億円で、国と民間企業が出資した農林漁業成長産業化支援機構と共同で立ち上げた。農林漁業者と加工・流通業者が組んだ商品開発や販路開拓の事業に出資するなどして、地域産業の活性化を後押しする。


ファンド名は「ちゅうぎんアグリサポートファンド」。機構が半額を出資し、残りは中国銀グループで拠出した。農業生産者などが加工や販売を担う企業と共同で事業体をつくる場合、ファンドが50%を上限に出資する1案件あたり5千万円前後の出資を想定しており、投資期間は最長15年とする


中国銀はファンド運営の専任者として3人を配置。本店の農業担当者2人が案件を開拓する。11月22日に6次産業化セミナー・商談会(ちゅうぎん6次産業化セミナー&交流会,PDF)を開くなど、ビジネスマッチングにも力を入れる


農林漁業は天候などで生産量、品質が左右されることや担保設定の難しさもあり、製造業などに比べて金融機関が融資しづらい側面もある。同行では「成長分野である農林漁業の取引先開拓を進め、融資拡大につなげたい」としている。