石川県穴水町にベビーリーフやキノコの生産工場を設け中京・関西への配送拡大へ(農業法人ミスズライフ)

キノコの栽培を手掛ける農業法人ミスズライフ(長野県飯綱町)は9月6日、石川県穴水町に工場や農場を設けると発表した。2014年9月以降、ブナシメジやベビーリーフの生産を始める。総投資額は約10億円。同社は長野、新潟、長崎の各県に計6工場を持つ。中京・関西地区への供給を考慮した結果、両地区に配送しやすい石川県内での生産を決めた。


20131007 ミスズライフ

<工場内の様子:同社ウェブサイトより>


石川県穴水町で約3万6000平方メートルの土地を確保し、ブナシメジの工場とベビーリーフを栽培する農場を設けるブナシメジは1日3トン、ベビーリーフは同500キログラム生産する新たに20〜30人を雇う計画である。


同社の小林社長は穴水町での生産を決めた理由について「(中京などへの)配送の便利さと、まとまった農地がある点が決め手になった」と話した。新工場から中京や関西に供給することで、長野や新潟の拠点から首都圏に出す量をこれまでよりも増やす考え。


ミスズライフの年間売上高は約26億円。ブナシメジやベビーリーフを生産して全国のスーパーへ販売しているほか、レストラン経営も手掛けている。穴水町では農場近くに直売所を設けるほか、金沢市内でレストランを開くことも検討している。(参考:日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  2. オランダにて中国版植物工場・日光温室が稼働。アジアの高湿度環境に対応可能な栽培技術を取得へ
     オランダのワーヘニンゲン大学を中心としたチームは4月12日、中国版の太陽光利用型植物工場をオランダ…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  5. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  9. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  10. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  2. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
ページ上部へ戻る