共同出資で新会社を設立。効率的な農地活用や新規就農の機会創出を目指す(住友化学、アイアグリ株式会社)

住友化学は、アイアグリ株式会社との共同出資により、「株式会社住化ファーム茨城」を設立した。この新会社は、住友化学グループの肥料、農薬などの農業関連製品・サービスを用いて、茨城県守谷市でキャベツなどの栽培を行う


これまで住友化学グループが培ってきたノウハウを生かし、農場管理や新規就農支援で実績のあるアイアグリと協力して、後継者のいない農地の効率的な使用や新規就農の機会創出を目指す。同時に、経営規模の拡大と省力化により農産物の低コスト安定生産モデルを確立し、地域の生産者や生産団体、自治体等の関係各方面と協力しながら周辺地域へ展開することで、地域農業の活性化に貢献していく考え。


以下に、住友化学によるプレスリリースを掲載する。

「株式会社住化ファーム茨城」の設立について


住友化学は、アイアグリ株式会社(以下、「アイアグリ」)との共同出資により、「株式会社住化ファーム茨城」(以下、「住化ファーム茨城」)を設立いたしました。新会社は、住友化学グループの肥料、農薬などの農業関連製品・サービスを用いて、茨城県守谷市でキャベツなどの栽培を行います。生産した農産物は、当社グループの農産物販売会社である日本エコアグロ株式会社を通じて販売いたします。


住友化学グループは、幅広い農業関連製品やサービスを取り扱っており、安全安心で効率的な農業生産を総合的に支援する「トータル・ソリューション・プロバイダー」を目指しています。その取り組みを実践する一つの形として、これまでに長野県、大分県、山形県、三重県の4カ所に農業法人「住化ファーム」を設立してトマト、イチゴ、みつばを生産し、栽培技術や農場運営に関するノウハウの蓄積を続けています。さらに、経団連「未来都市モデルプロジェクト(リンク先:資料PDF)」の一環として愛媛県西条市と愛知県豊田市に「サンライズファーム」を設立・運営しており、農資機材メーカーや地元のJAなどとも連携しながら、レタス、トマトなどの生産に関する先進的な農業技術の実証実験に取り組んでいます。


「住化ファーム茨城」は、これまで「住化ファーム」で培ってきたノウハウを生かし、農場管理や新規就農支援で実績のあるアイアグリと協力して、後継者のいない農地の効率的な使用や新規就農の機会創出を目指します。同時に、経営規模の拡大と省力化により農産物の低コスト安定生産モデルを確立し、地域の生産者や生産団体、自治体等の関係各方面と協力しながら周辺地域へ展開することで、地域農業の活性化に貢献していく考えです。


<新会社の概要>
会社名:株式会社住化ファーム茨城
設立日年月日:2013年7月17日
本社所在地:東京都中央区
資本金:4,000万円(住友化学 3,600万円、アイアグリ 400万円)
社長:貫 和之(住友化学 執行役員 アグロ事業部長)
借地面積:約20ha
栽培作物:キャベツなど
栽培開始:2013年9月


<出資会社の概要>
会社名:住友化学株式会社
代表者:代表取締役社長 十倉 雅和
設立年月:1925年6月
本社所在地:東京都中央区
資本金:89,699百万円(2013年3月31日現在)
事業部門:基礎化学部門、石油化学部門、情報電子化学部門、健康・農業関連事業部門、医薬品部門
売上高:19,525億円(2012年度)
従業員数:30,396名(2013年3月31日現在)


会社名:アイアグリ株式会社
代表者:代表取締役 伴野 和樹
設立年月:1986年11月
本社所在地:茨城県土浦市
資本金:9,700万円(2013年1月31日現在)
事業内容:農業資材販売、農機の販売・修理・リース、農産物生産販売会社の運営
売上高:105億円(2012年度)
従業員数:198名(2013年1月31日現在)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  2. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  3. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  4. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  5. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  6. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  7. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  8. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  9. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  3. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
ページ上部へ戻る