共同出資で新会社を設立。効率的な農地活用や新規就農の機会創出を目指す(住友化学、アイアグリ株式会社)

住友化学は、アイアグリ株式会社との共同出資により、「株式会社住化ファーム茨城」を設立した。この新会社は、住友化学グループの肥料、農薬などの農業関連製品・サービスを用いて、茨城県守谷市でキャベツなどの栽培を行う


これまで住友化学グループが培ってきたノウハウを生かし、農場管理や新規就農支援で実績のあるアイアグリと協力して、後継者のいない農地の効率的な使用や新規就農の機会創出を目指す。同時に、経営規模の拡大と省力化により農産物の低コスト安定生産モデルを確立し、地域の生産者や生産団体、自治体等の関係各方面と協力しながら周辺地域へ展開することで、地域農業の活性化に貢献していく考え。


以下に、住友化学によるプレスリリースを掲載する。

「株式会社住化ファーム茨城」の設立について


住友化学は、アイアグリ株式会社(以下、「アイアグリ」)との共同出資により、「株式会社住化ファーム茨城」(以下、「住化ファーム茨城」)を設立いたしました。新会社は、住友化学グループの肥料、農薬などの農業関連製品・サービスを用いて、茨城県守谷市でキャベツなどの栽培を行います。生産した農産物は、当社グループの農産物販売会社である日本エコアグロ株式会社を通じて販売いたします。


住友化学グループは、幅広い農業関連製品やサービスを取り扱っており、安全安心で効率的な農業生産を総合的に支援する「トータル・ソリューション・プロバイダー」を目指しています。その取り組みを実践する一つの形として、これまでに長野県、大分県、山形県、三重県の4カ所に農業法人「住化ファーム」を設立してトマト、イチゴ、みつばを生産し、栽培技術や農場運営に関するノウハウの蓄積を続けています。さらに、経団連「未来都市モデルプロジェクト(リンク先:資料PDF)」の一環として愛媛県西条市と愛知県豊田市に「サンライズファーム」を設立・運営しており、農資機材メーカーや地元のJAなどとも連携しながら、レタス、トマトなどの生産に関する先進的な農業技術の実証実験に取り組んでいます。


「住化ファーム茨城」は、これまで「住化ファーム」で培ってきたノウハウを生かし、農場管理や新規就農支援で実績のあるアイアグリと協力して、後継者のいない農地の効率的な使用や新規就農の機会創出を目指します。同時に、経営規模の拡大と省力化により農産物の低コスト安定生産モデルを確立し、地域の生産者や生産団体、自治体等の関係各方面と協力しながら周辺地域へ展開することで、地域農業の活性化に貢献していく考えです。


<新会社の概要>
会社名:株式会社住化ファーム茨城
設立日年月日:2013年7月17日
本社所在地:東京都中央区
資本金:4,000万円(住友化学 3,600万円、アイアグリ 400万円)
社長:貫 和之(住友化学 執行役員 アグロ事業部長)
借地面積:約20ha
栽培作物:キャベツなど
栽培開始:2013年9月


<出資会社の概要>
会社名:住友化学株式会社
代表者:代表取締役社長 十倉 雅和
設立年月:1925年6月
本社所在地:東京都中央区
資本金:89,699百万円(2013年3月31日現在)
事業部門:基礎化学部門、石油化学部門、情報電子化学部門、健康・農業関連事業部門、医薬品部門
売上高:19,525億円(2012年度)
従業員数:30,396名(2013年3月31日現在)


会社名:アイアグリ株式会社
代表者:代表取締役 伴野 和樹
設立年月:1986年11月
本社所在地:茨城県土浦市
資本金:9,700万円(2013年1月31日現在)
事業内容:農業資材販売、農機の販売・修理・リース、農産物生産販売会社の運営
売上高:105億円(2012年度)
従業員数:198名(2013年1月31日現在)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  2. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  3. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  5. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  8. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
ページ上部へ戻る