共同出資で新会社を設立。効率的な農地活用や新規就農の機会創出を目指す(住友化学、アイアグリ株式会社)

住友化学は、アイアグリ株式会社との共同出資により、「株式会社住化ファーム茨城」を設立した。この新会社は、住友化学グループの肥料、農薬などの農業関連製品・サービスを用いて、茨城県守谷市でキャベツなどの栽培を行う


これまで住友化学グループが培ってきたノウハウを生かし、農場管理や新規就農支援で実績のあるアイアグリと協力して、後継者のいない農地の効率的な使用や新規就農の機会創出を目指す。同時に、経営規模の拡大と省力化により農産物の低コスト安定生産モデルを確立し、地域の生産者や生産団体、自治体等の関係各方面と協力しながら周辺地域へ展開することで、地域農業の活性化に貢献していく考え。


以下に、住友化学によるプレスリリースを掲載する。

「株式会社住化ファーム茨城」の設立について


住友化学は、アイアグリ株式会社(以下、「アイアグリ」)との共同出資により、「株式会社住化ファーム茨城」(以下、「住化ファーム茨城」)を設立いたしました。新会社は、住友化学グループの肥料、農薬などの農業関連製品・サービスを用いて、茨城県守谷市でキャベツなどの栽培を行います。生産した農産物は、当社グループの農産物販売会社である日本エコアグロ株式会社を通じて販売いたします。


住友化学グループは、幅広い農業関連製品やサービスを取り扱っており、安全安心で効率的な農業生産を総合的に支援する「トータル・ソリューション・プロバイダー」を目指しています。その取り組みを実践する一つの形として、これまでに長野県、大分県、山形県、三重県の4カ所に農業法人「住化ファーム」を設立してトマト、イチゴ、みつばを生産し、栽培技術や農場運営に関するノウハウの蓄積を続けています。さらに、経団連「未来都市モデルプロジェクト(リンク先:資料PDF)」の一環として愛媛県西条市と愛知県豊田市に「サンライズファーム」を設立・運営しており、農資機材メーカーや地元のJAなどとも連携しながら、レタス、トマトなどの生産に関する先進的な農業技術の実証実験に取り組んでいます。


「住化ファーム茨城」は、これまで「住化ファーム」で培ってきたノウハウを生かし、農場管理や新規就農支援で実績のあるアイアグリと協力して、後継者のいない農地の効率的な使用や新規就農の機会創出を目指します。同時に、経営規模の拡大と省力化により農産物の低コスト安定生産モデルを確立し、地域の生産者や生産団体、自治体等の関係各方面と協力しながら周辺地域へ展開することで、地域農業の活性化に貢献していく考えです。


<新会社の概要>
会社名:株式会社住化ファーム茨城
設立日年月日:2013年7月17日
本社所在地:東京都中央区
資本金:4,000万円(住友化学 3,600万円、アイアグリ 400万円)
社長:貫 和之(住友化学 執行役員 アグロ事業部長)
借地面積:約20ha
栽培作物:キャベツなど
栽培開始:2013年9月


<出資会社の概要>
会社名:住友化学株式会社
代表者:代表取締役社長 十倉 雅和
設立年月:1925年6月
本社所在地:東京都中央区
資本金:89,699百万円(2013年3月31日現在)
事業部門:基礎化学部門、石油化学部門、情報電子化学部門、健康・農業関連事業部門、医薬品部門
売上高:19,525億円(2012年度)
従業員数:30,396名(2013年3月31日現在)


会社名:アイアグリ株式会社
代表者:代表取締役 伴野 和樹
設立年月:1986年11月
本社所在地:茨城県土浦市
資本金:9,700万円(2013年1月31日現在)
事業内容:農業資材販売、農機の販売・修理・リース、農産物生産販売会社の運営
売上高:105億円(2012年度)
従業員数:198名(2013年1月31日現在)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  3. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  4. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  5. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  10. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
ページ上部へ戻る