キッコーマン、新会社を設立しアグリ事業に参入。品種開発技術を生かしたトマト・野菜苗事業へ(日本デルモンテアグリ)

キッコーマンは、10月1日に、日本デルモンテアグリ株式会社を設立する。グループ会社の日本デルモンテ株式会社が行ってきた「野菜苗事業」を新会社が承継し、あらたに「生果トマト事業」へ新規参入する。半世紀におよぶ日本デルモンテの品種開発技術を生かし、「野菜苗事業」と「生果トマト事業」の相乗効果を狙った事業展開を行っていく


以下に、同社によるプレスリリースを掲載する。

キッコーマン、アグリ事業に参入!
〜野菜苗事業の拡大、生果トマト事業への新規参入をはかります〜



キッコーマンは、10月1日に、日本デルモンテアグリ株式会社を設立し、従来、グループ会社の日本デルモンテ株式会社が行ってきた「野菜苗事業」を新会社が承継するとともに、あらたに「生果トマト事業」へ新規参入します。


日本デルモンテでは、50年以上にわたって、ケチャップやトマトジュースの原料である加工用トマトの育種・品種改良を行ってまいりました。


その技術を生かした生食用トマトの育種・品種改良を1985年に開始し、1993年より始めた家庭菜園向けのトマト苗をはじめとする「野菜苗事業」は、本年、販売開始から20周年を迎えました。現在では、トマトだけでなく、パプリカやゴーヤなど20種類以上、約60品目の野菜苗を販売しています。


また、農家向けには日本デルモンテが自社開発した「ぜいたくトマト」をはじめとする、特徴のある生果用のトマト苗を販売しています。


10月1日に設立する日本デルモンテアグリは、現在、日本デルモンテが展開している「トマトを中心とした野菜苗事業」を承継し、また、あらたに「生果トマト事業」に参入します。半世紀におよぶ日本デルモンテの品種開発技術を生かし、「野菜苗事業」と「生果トマト事業」の相乗効果を狙った事業展開を行います。


「生果トマト事業」へ新規参入するにあたっては、千葉県を中心に約40年にわたり大規模な施設園芸を展開するカズサの愛彩グループと提携します。具体的には、日本デルモンテアグリが同グループの農業生産法人である株式会社カズサとまとガーデンへ出資し、カズサとまとガーデンが「ぜいたくトマト」などの品種を用いて、生果トマトを栽培・販売します。


キッコーマングループは、カズサの愛彩グループとの提携により、栽培技術をもつ農業者と共同で商業ベースでの生果トマトの栽培と販売を行い、そのノウハウを活用して、日本デルモンテが半世紀にわたり育んできた品種開発技術を生かしたアグリ事業の展開・拡大を目指してまいります。


日本デルモンテアグリ株式会社概要
設立:2013年10月1日
本社所在地:東京都港区西新橋
資本金:1千万円(キッコーマン(株)100%出資)
代表者:代表取締役社長 末永 和也
売上見込:8億円(2015年3月期)
主な事業:種苗、青果物等農産品および農業用資材の仕入、生産、販売事業


カズサの愛彩グループ概要
代表:須藤 久雄 氏
代表の須藤氏が千葉県君津市で1976年より水耕栽培での生産を開始。水菜、ハーブ、ベビーリーフなどの葉菜類の生産およびいちご、トマトの摘み取り観光農園を経営。現在では千葉県および山梨県で展開(9カ所、総面積約2万坪)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  2. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  3. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  8. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
ページ上部へ戻る