岐阜大学発ブランドの新品種・観葉植物スパティフィラム「フェアリーウイング」の開発

岐阜大学の福井博一教授は、観葉植物スパティフィラムの新品種「フェアリーウイング」を開発した。大学構内の農場で年間1万鉢の生産体制を構築し、8月下旬から県内の生産農家に苗の有償配布を始めた。


「これまで居間のテーブルに飾れる小ぶりな観葉植物がなかった」と福井教授。フェアリーウイングは成長しても従来の半分ほどの約15センチまでしか背が伸びず、テーブルに飾れるコンパクトさが売りだ。乾燥に強く耐暑性もあるため、初心者も育てやすいという。デザイン性も追求し、商品を入れる容器には地元の名産品「美濃焼」を採用した。


農家が栽培した商品は来春にも全国の花き市場に出荷されるという。店頭価格は2000円前後になる見通しだ。福井教授は「新品種の開発から販売まで手掛ける大学は全国を見渡しても他にない。岐阜大発のブランド品として、今後はインターネット販売にも挑戦したい」と意気込む。


知的財産権の重要性の高まりなどを背景に、新品種の登録件数は増加傾向にある。農林水産省の統計によると、野菜の登録件数は1989年度の18件から2012年度は68件に、「観賞樹」は39件から116件にそれぞれ増加。食品メーカーや種苗メーカーからの出願が大半を占めるが、大学や自治体でも知財権を取得し、市販化につなげようとする動きが少しずつ出始めている、という。(参考:日本経済新聞、岐阜大学ウェブサイトより)