人口増加・経済成長により拡大傾向にある農薬市場に関する調査(2013年アジアの農薬市場動向分析調査)

食品・化粧品・医薬品、化学分野などの情報発信を行うTPCビブリオテック株式会社が、2013年度版のアジアの農薬市場動向分析調査をリリースした。同社では、2012年度のアジア7か国(中国、インド、タイ、ベトナム、韓国、マレーシア、インドネシア)を対象に調査を実施している。以下、プレスリリースの一部を掲載しておく。

【企画主旨】

2012年度のアジア対象7か国(中国、インド、タイ、ベトナム、韓国、マレーシア、インドネシア)における農薬市場規模(殺虫剤・殺菌剤・除草剤)は約6560億円となっている。今回対象の7ヶ国を含むアジア地域については、人口増加、経済成長に伴う食糧需要の増大が予想され、同時に農薬市場に関しても拡大傾向にある。


◆コメ、小麦、トウモロコシ等を中心とした世界有数の生産国である中国、コメを主軸に穀物の生産が盛んなインド、世界的なコメの生産地であるタイ、ベトナムにおいても農薬の使用は必要不可欠であり、今後も農薬需要は増加傾向にあると考えられる。


◆マレーシアでは、農業分野での労働者不足が問題となっており、最新機械・農業技術の導入、生産性の拡大に向けた取り組みが行われている。生産性の拡大に向けては、効率的な農薬利用が欠かせないことから、同国では特に今後の需要増加が見込まれる。


◆インドネシアでは、零細農家が多く安定した農業生産が一つのテーマとして掲げられている。また、韓国では、稲作中心の農家形態が多い一方で、野菜・果樹農家も少しずつ増加しており、コメ以外において農薬需要の高まりが見込まれる。


◆参入企業では、現地企業との連携、環境を意識した製品開発、各国・各地域に対応した製品展開が行われている。また、韓国をはじめ、拠点の新設が進められている。


◆本調査レポートでは、アジア対象7ヶ国(中国、インド、タイ、ベトナム、韓国、マレーシア、インドネシア)に焦点を当て、農薬市場の動向を調査・分析するとともに、主要企業の展開製品、売上規模、生産及び販売状況、流通形態等についてレポートしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  4. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  5. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  6. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  7. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  10. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  3. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  4. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
ページ上部へ戻る