人口増加・経済成長により拡大傾向にある農薬市場に関する調査(2013年アジアの農薬市場動向分析調査)

食品・化粧品・医薬品、化学分野などの情報発信を行うTPCビブリオテック株式会社が、2013年度版のアジアの農薬市場動向分析調査をリリースした。同社では、2012年度のアジア7か国(中国、インド、タイ、ベトナム、韓国、マレーシア、インドネシア)を対象に調査を実施している。以下、プレスリリースの一部を掲載しておく。

【企画主旨】

2012年度のアジア対象7か国(中国、インド、タイ、ベトナム、韓国、マレーシア、インドネシア)における農薬市場規模(殺虫剤・殺菌剤・除草剤)は約6560億円となっている。今回対象の7ヶ国を含むアジア地域については、人口増加、経済成長に伴う食糧需要の増大が予想され、同時に農薬市場に関しても拡大傾向にある。


◆コメ、小麦、トウモロコシ等を中心とした世界有数の生産国である中国、コメを主軸に穀物の生産が盛んなインド、世界的なコメの生産地であるタイ、ベトナムにおいても農薬の使用は必要不可欠であり、今後も農薬需要は増加傾向にあると考えられる。


◆マレーシアでは、農業分野での労働者不足が問題となっており、最新機械・農業技術の導入、生産性の拡大に向けた取り組みが行われている。生産性の拡大に向けては、効率的な農薬利用が欠かせないことから、同国では特に今後の需要増加が見込まれる。


◆インドネシアでは、零細農家が多く安定した農業生産が一つのテーマとして掲げられている。また、韓国では、稲作中心の農家形態が多い一方で、野菜・果樹農家も少しずつ増加しており、コメ以外において農薬需要の高まりが見込まれる。


◆参入企業では、現地企業との連携、環境を意識した製品開発、各国・各地域に対応した製品展開が行われている。また、韓国をはじめ、拠点の新設が進められている。


◆本調査レポートでは、アジア対象7ヶ国(中国、インド、タイ、ベトナム、韓国、マレーシア、インドネシア)に焦点を当て、農薬市場の動向を調査・分析するとともに、主要企業の展開製品、売上規模、生産及び販売状況、流通形態等についてレポートしている。