人口増加・経済成長により拡大傾向にある農薬市場に関する調査(2013年アジアの農薬市場動向分析調査)

食品・化粧品・医薬品、化学分野などの情報発信を行うTPCビブリオテック株式会社が、2013年度版のアジアの農薬市場動向分析調査をリリースした。同社では、2012年度のアジア7か国(中国、インド、タイ、ベトナム、韓国、マレーシア、インドネシア)を対象に調査を実施している。以下、プレスリリースの一部を掲載しておく。

【企画主旨】

2012年度のアジア対象7か国(中国、インド、タイ、ベトナム、韓国、マレーシア、インドネシア)における農薬市場規模(殺虫剤・殺菌剤・除草剤)は約6560億円となっている。今回対象の7ヶ国を含むアジア地域については、人口増加、経済成長に伴う食糧需要の増大が予想され、同時に農薬市場に関しても拡大傾向にある。


◆コメ、小麦、トウモロコシ等を中心とした世界有数の生産国である中国、コメを主軸に穀物の生産が盛んなインド、世界的なコメの生産地であるタイ、ベトナムにおいても農薬の使用は必要不可欠であり、今後も農薬需要は増加傾向にあると考えられる。


◆マレーシアでは、農業分野での労働者不足が問題となっており、最新機械・農業技術の導入、生産性の拡大に向けた取り組みが行われている。生産性の拡大に向けては、効率的な農薬利用が欠かせないことから、同国では特に今後の需要増加が見込まれる。


◆インドネシアでは、零細農家が多く安定した農業生産が一つのテーマとして掲げられている。また、韓国では、稲作中心の農家形態が多い一方で、野菜・果樹農家も少しずつ増加しており、コメ以外において農薬需要の高まりが見込まれる。


◆参入企業では、現地企業との連携、環境を意識した製品開発、各国・各地域に対応した製品展開が行われている。また、韓国をはじめ、拠点の新設が進められている。


◆本調査レポートでは、アジア対象7ヶ国(中国、インド、タイ、ベトナム、韓国、マレーシア、インドネシア)に焦点を当て、農薬市場の動向を調査・分析するとともに、主要企業の展開製品、売上規模、生産及び販売状況、流通形態等についてレポートしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  9. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
ページ上部へ戻る