官民ファンドとして農林漁業の6次産業化を支援、各地域ファンドの1号案件として出資<農林漁業成長産業化支援機構>

農林漁業成長産業化支援機構は、官民ファンドとして農林漁業の6次産業化を支援する狙いで、地域の金融機関と組んで出資を実施しており、「親ファンド」として、メガバンクや地方銀行などと個別に組み、全国に21の子ファンド(総額430億円)を設立した。同機構では9月2日、各地域ファンドの1号案件として、北海道、千葉、沖縄への出資を発表した。


千葉では、県内11金融機関などと組成した地域ファンド「ちば農林漁業6次産業化投資事業有限責任組合(総額20億円)」が、千葉県富里市内の盆栽・植木生産者の輸出事業を選定したと発表した。出資額は5000万円で、新たに設立されるジャパンホートビジネスに出資する。


同社は、盆栽・植木生産者の株式会社北総園芸(千葉県富里市)が、ホートビジネスグループ(富里市)とともに設立する輸出支援会社となる。北総園芸がマキやツゲ、ゴヨウマツといった植木・盆栽を供給し、ホートビジネスグループが輸出ノウハウや販路を提供する。


欧州を中心に日本庭園や盆栽の人気が高まっているが、病害虫や土壌に対する検疫検査は厳しく、単独の生産者では輸出が難しい。ジャパンホートが欧州の基準に対応した検疫システムを構築。全国の生産者から仕入れた盆栽や植木を、欧州や北南米に輸出することで、農業振興につなげる


その他、北海道では余市町のワイン製造会社オチガビにレストランの開業資金などを目的に、約8000万円を出資する。また、西日本シティ銀行と設立した地域ファンドでは、沖縄県与那国町の車エビの養殖・加工会社である、沖縄栽培水産に冷凍設備の購入費などを目的に、4000万円を出資する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  7. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  2. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る