官民ファンドとして農林漁業の6次産業化を支援、各地域ファンドの1号案件として出資<農林漁業成長産業化支援機構>

農林漁業成長産業化支援機構は、官民ファンドとして農林漁業の6次産業化を支援する狙いで、地域の金融機関と組んで出資を実施しており、「親ファンド」として、メガバンクや地方銀行などと個別に組み、全国に21の子ファンド(総額430億円)を設立した。同機構では9月2日、各地域ファンドの1号案件として、北海道、千葉、沖縄への出資を発表した。


千葉では、県内11金融機関などと組成した地域ファンド「ちば農林漁業6次産業化投資事業有限責任組合(総額20億円)」が、千葉県富里市内の盆栽・植木生産者の輸出事業を選定したと発表した。出資額は5000万円で、新たに設立されるジャパンホートビジネスに出資する。


同社は、盆栽・植木生産者の株式会社北総園芸(千葉県富里市)が、ホートビジネスグループ(富里市)とともに設立する輸出支援会社となる。北総園芸がマキやツゲ、ゴヨウマツといった植木・盆栽を供給し、ホートビジネスグループが輸出ノウハウや販路を提供する。


欧州を中心に日本庭園や盆栽の人気が高まっているが、病害虫や土壌に対する検疫検査は厳しく、単独の生産者では輸出が難しい。ジャパンホートが欧州の基準に対応した検疫システムを構築。全国の生産者から仕入れた盆栽や植木を、欧州や北南米に輸出することで、農業振興につなげる


その他、北海道では余市町のワイン製造会社オチガビにレストランの開業資金などを目的に、約8000万円を出資する。また、西日本シティ銀行と設立した地域ファンドでは、沖縄県与那国町の車エビの養殖・加工会社である、沖縄栽培水産に冷凍設備の購入費などを目的に、4000万円を出資する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  2. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  4. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  7. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  8. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  10. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  2. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  4. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
ページ上部へ戻る