人工光型植物工場の衛生認証を民間の第三者評価委員会の格付けにてゴールドを取得(ダスキン)

株式会社ダスキンは、人工光型植物工場のクリーンコントロール(衛生管理)認証日本で初めて取得した。最高レベルの「ゴールド」認証となる。環境保全と福祉をテーマに持続的社会の創造を目指すNPO法人イー・ビーイング(大阪市住之江区)が主宰する第三者評価委員会(TPAC)の審査の結果、認められた。


取得したのは、生産物・生産システム第三者評価委員会(TPAC‐PPS)の「クリーンコントロール認証」。環境、安全・安心、ユニバーサル性、社会性の視点で生産物・生産システムを評価して認証する。ダスキンは、植物工場生産物・生産システム分野の人工光型植物工場で最高位となる「ゴールド」認証を取得した。


以下に、ダスキンによるプレスリリースを掲載する。

日本初!人工光型植物工場におけるクリーンコントロール(衛生管理)認証を取得
2013年8月29日


株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市 社長:山村輝治)は、特定非営利活動法人イー・ビーイング※1(大阪市 理事長:井上健雄)が主宰する第三者評価委員会(TPAC)のTPAC‐PPS※2(生産物及び生産システム第三者評価委員会)における審査の結果、日本で初めて人工光型植物工場※3におけるクリーンコントロール認証 ゴールド※4を2013年8月7日に取得いたしました。


この認証は、TPAC‐PPSの「クリーンコントロール認証」で、認証レベルは最高の「ゴールド」。人工光型植物工場における衛生管理に関して、ダスキンが長年培ってきたノウハウを活かして策定した独自の衛生管理システムが認められました。


認証取得を受け、さらなるレベルアップを図り、ダスキンの主力事業であるクリーンケア事業のサービスのひとつとして、今後導入の検証を行ってまいります。


人工光型植物工場におけるクリーンコントロール<概要>

(1)定期的な衛生調査:リストによる定期的なチェック及び抜き取り等の衛生検査
(2)報告及び改善提案:設備及び運用面の現状並びに改善項目の提案
(3)維持管理:マット等の衛生用品等を用いた衛生環境の維持
(4)人材教育:衛生管理に関する従業員向け講演会等の開催


※1 特定非営利法人イー・ビーイング:環境保全とウェルビーイング(いわゆる福祉)をテーマに公正・公平で豊かな持続的社会の創造を目標に掲げるNPO法人

※2 TPAC‐PPS:「生産物及び生産システム第三者評価委員会」のこと。

※3 人工光型植物工場:施設園芸の栽培方法の一手法で水耕栽培(養液栽培)の方法で、人工の光を使用して、温度、湿度、二酸化炭素濃度などの環境条件をコントロールして栽培を行うもの

※4 ゴールド:認証レベルにおける最高レベル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  2. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  3. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  4. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  5. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  6. 日栄インテックG、コンテナ型植物工場「スーパーアグリプラント」の販売を開始
     日栄インテックグループは、配管支持金具・太陽光架台メーカーとして豊富な実績と、多年にわたる野菜栽培…
  7. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  8. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  9. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  10. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  2. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  3. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る