人材派遣のフレックスが職業訓練で障害者支援、シイタケなどを栽培する植物工場を水戸に新設

人材派遣のフレックス(水戸市、菅谷直幸社長)は障害者の就労支援事業を始める。同社が母体となり設立した一般社団法人グリーンカンパニーが水戸市内に植物工場を新設し、シイタケ栽培を通した職業訓練を提供。ビジネスマナーなどの研修も用意する。障害者の法定雇用率の引き上げなどで対応を必要とする中小企業とのコーディネートや自立支援につなげる。


水戸市郊外に植物工場や作業事務所からなる「水戸自立支援センター グリーンカンパニーファーム」を建設しており、9月5日から利用者を受け入れて訓練を始める。温度や湿度の管理システムを備えた約200平方メートルの工場内でおがくずを固めた菌床を使い、シイタケを栽培する。

人材派遣のフレックスが職業訓練で障害者支援、シイタケなどを栽培する植物工場を水戸に新設

<photo:同社ウェブサイトより>


水戸市やひたちなか市など行政とも連携して精神障害者を中心に受け入れ、水やりや収穫、選別、梱包といった作業に従事してもらう。定員は1日20人で工賃も支払う。利用時間は午前10時〜午後4時まで。週1日から受け入れ、徐々に作業時間を増やす。


また、訓練を通してコミュニケーション能力やマナーなどを学んでもらう。履歴書の書き方や面接、ビジネスマナーなどの研修も用意して支援する。原則2年以内の就労を目指しており、企業への橋渡しにフレックスの企業ネットワークも活用する。生産したシイタケは事務所で直売するほか、スーパーなどへの販路開拓を目指して取扱店を募る、という。


障害者雇用促進法は国や自治体、企業に一定割合以上の障害者を雇うよう定めている。企業の法定雇用率は2013年4月に1.8%から2.0%に引き上げられた。身体障害者と知的障害者が対象だったが、同法改正で2018年度から精神障害者の雇用も義務付けられる。

法定雇用率の引き上げ・法改正案を受けて、近年では温室ハウスや太陽光利用型植物工場、小規模な人工光型施設にて水耕栽培を始める企業が増加している。同時に、障害者・高齢者の雇用を推進する栽培システムの提案や総合的なコンサルティング・サービスを提案する企業も出現している。(参考:日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  4. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  5. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  8. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  9. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  10. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
ページ上部へ戻る