人材派遣のフレックスが職業訓練で障害者支援、シイタケなどを栽培する植物工場を水戸に新設

人材派遣のフレックス(水戸市、菅谷直幸社長)は障害者の就労支援事業を始める。同社が母体となり設立した一般社団法人グリーンカンパニーが水戸市内に植物工場を新設し、シイタケ栽培を通した職業訓練を提供。ビジネスマナーなどの研修も用意する。障害者の法定雇用率の引き上げなどで対応を必要とする中小企業とのコーディネートや自立支援につなげる。


水戸市郊外に植物工場や作業事務所からなる「水戸自立支援センター グリーンカンパニーファーム」を建設しており、9月5日から利用者を受け入れて訓練を始める。温度や湿度の管理システムを備えた約200平方メートルの工場内でおがくずを固めた菌床を使い、シイタケを栽培する。

人材派遣のフレックスが職業訓練で障害者支援、シイタケなどを栽培する植物工場を水戸に新設

<photo:同社ウェブサイトより>


水戸市やひたちなか市など行政とも連携して精神障害者を中心に受け入れ、水やりや収穫、選別、梱包といった作業に従事してもらう。定員は1日20人で工賃も支払う。利用時間は午前10時〜午後4時まで。週1日から受け入れ、徐々に作業時間を増やす。


また、訓練を通してコミュニケーション能力やマナーなどを学んでもらう。履歴書の書き方や面接、ビジネスマナーなどの研修も用意して支援する。原則2年以内の就労を目指しており、企業への橋渡しにフレックスの企業ネットワークも活用する。生産したシイタケは事務所で直売するほか、スーパーなどへの販路開拓を目指して取扱店を募る、という。


障害者雇用促進法は国や自治体、企業に一定割合以上の障害者を雇うよう定めている。企業の法定雇用率は2013年4月に1.8%から2.0%に引き上げられた。身体障害者と知的障害者が対象だったが、同法改正で2018年度から精神障害者の雇用も義務付けられる。

法定雇用率の引き上げ・法改正案を受けて、近年では温室ハウスや太陽光利用型植物工場、小規模な人工光型施設にて水耕栽培を始める企業が増加している。同時に、障害者・高齢者の雇用を推進する栽培システムの提案や総合的なコンサルティング・サービスを提案する企業も出現している。(参考:日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  4. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  5. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る