株式会社による農業法人参入のパイオニア「農業生産法人わかばフーズ」

農業生産法人わかばフーズ」は岐阜県で初めて、株式会社としての農業生産法人を取得した企業である約300ヘクタールの大規模な農地を抱え、業務用カット野菜や、刺身用大根ケン(ツマ)、大葉やパセリなどの生産、製造・加工、販売事業を一環して行う、”農業の大規模経営”に挑戦している企業の一つである
 
 
スーパー、量販店や外食産業などに商品を販売する同社の売上高は年間24億円で、全国の農業生産法人の中でも規模が大きい方である。
 
 
「個人による小規模営農は採算面で難しい。法人の大規模経営が日本の農業を活性化させる」(三浦福雄会長)と考え、パートを含め現在、約200人の人員を業容拡大に伴い増やしていく方針。この不況の中、倒産した中小企業の経営者や会社勤めのサラリーマンなども多数、就職しているようだ
 
 
2005年の農地法改正により、株式会社やNPO法人などの農業参入が解禁されて以来、現在では多くの業種・分野からの民間企業による参入が見受けられる。今までの技術・ビジネスノウハウを活かした民間企業による農業ビジネス参入の場合、耕作放棄地解消や雇用拡大に貢献にもつながる(特に、大規模生産モデルを採用する場合)。
 
 
しかし、農業は奥が深く(特に土壌栽培の場合)、栽培ノウハウを持たない新規参入の場合、数年間は赤字が続くことも多く、採算性が合わないと見るや、即座に撤退する危険性も考えられる。よって支援サポートを実施する自治体等は、民間企業による農業の大規模経営参入の結果、荒廃した大規模な農地が残るリスクがあることを念頭に入れる必要があるのかもしれない。
 
 
農業生産法人わかばフーズ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  3. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  4. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  7. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  9. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  2. リビングファームによる人と植物の共生。家庭用の水耕キットを通じて新しいライフスタイルを実現
    工業デザイン会社が家庭用の植物工場キットを開発  家庭のリビングに安らぎの空間をつくりだし、新しい…
  3. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  4. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
ページ上部へ戻る