株式会社による農業法人参入のパイオニア「農業生産法人わかばフーズ」

農業生産法人わかばフーズ」は岐阜県で初めて、株式会社としての農業生産法人を取得した企業である約300ヘクタールの大規模な農地を抱え、業務用カット野菜や、刺身用大根ケン(ツマ)、大葉やパセリなどの生産、製造・加工、販売事業を一環して行う、”農業の大規模経営”に挑戦している企業の一つである
 
 
スーパー、量販店や外食産業などに商品を販売する同社の売上高は年間24億円で、全国の農業生産法人の中でも規模が大きい方である。
 
 
「個人による小規模営農は採算面で難しい。法人の大規模経営が日本の農業を活性化させる」(三浦福雄会長)と考え、パートを含め現在、約200人の人員を業容拡大に伴い増やしていく方針。この不況の中、倒産した中小企業の経営者や会社勤めのサラリーマンなども多数、就職しているようだ
 
 
2005年の農地法改正により、株式会社やNPO法人などの農業参入が解禁されて以来、現在では多くの業種・分野からの民間企業による参入が見受けられる。今までの技術・ビジネスノウハウを活かした民間企業による農業ビジネス参入の場合、耕作放棄地解消や雇用拡大に貢献にもつながる(特に、大規模生産モデルを採用する場合)。
 
 
しかし、農業は奥が深く(特に土壌栽培の場合)、栽培ノウハウを持たない新規参入の場合、数年間は赤字が続くことも多く、採算性が合わないと見るや、即座に撤退する危険性も考えられる。よって支援サポートを実施する自治体等は、民間企業による農業の大規模経営参入の結果、荒廃した大規模な農地が残るリスクがあることを念頭に入れる必要があるのかもしれない。
 
 
農業生産法人わかばフーズ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  3. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  6. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  7. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  8. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  9. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  10. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  2. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る