株式会社による農業法人参入のパイオニア「農業生産法人わかばフーズ」

農業生産法人わかばフーズ」は岐阜県で初めて、株式会社としての農業生産法人を取得した企業である約300ヘクタールの大規模な農地を抱え、業務用カット野菜や、刺身用大根ケン(ツマ)、大葉やパセリなどの生産、製造・加工、販売事業を一環して行う、”農業の大規模経営”に挑戦している企業の一つである
 
 
スーパー、量販店や外食産業などに商品を販売する同社の売上高は年間24億円で、全国の農業生産法人の中でも規模が大きい方である。
 
 
「個人による小規模営農は採算面で難しい。法人の大規模経営が日本の農業を活性化させる」(三浦福雄会長)と考え、パートを含め現在、約200人の人員を業容拡大に伴い増やしていく方針。この不況の中、倒産した中小企業の経営者や会社勤めのサラリーマンなども多数、就職しているようだ
 
 
2005年の農地法改正により、株式会社やNPO法人などの農業参入が解禁されて以来、現在では多くの業種・分野からの民間企業による参入が見受けられる。今までの技術・ビジネスノウハウを活かした民間企業による農業ビジネス参入の場合、耕作放棄地解消や雇用拡大に貢献にもつながる(特に、大規模生産モデルを採用する場合)。
 
 
しかし、農業は奥が深く(特に土壌栽培の場合)、栽培ノウハウを持たない新規参入の場合、数年間は赤字が続くことも多く、採算性が合わないと見るや、即座に撤退する危険性も考えられる。よって支援サポートを実施する自治体等は、民間企業による農業の大規模経営参入の結果、荒廃した大規模な農地が残るリスクがあることを念頭に入れる必要があるのかもしれない。
 
 
農業生産法人わかばフーズ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  4. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  5. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  6. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  10. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る