株式会社による農業法人参入のパイオニア「農業生産法人わかばフーズ」

農業生産法人わかばフーズ」は岐阜県で初めて、株式会社としての農業生産法人を取得した企業である約300ヘクタールの大規模な農地を抱え、業務用カット野菜や、刺身用大根ケン(ツマ)、大葉やパセリなどの生産、製造・加工、販売事業を一環して行う、”農業の大規模経営”に挑戦している企業の一つである
 
 
スーパー、量販店や外食産業などに商品を販売する同社の売上高は年間24億円で、全国の農業生産法人の中でも規模が大きい方である。
 
 
「個人による小規模営農は採算面で難しい。法人の大規模経営が日本の農業を活性化させる」(三浦福雄会長)と考え、パートを含め現在、約200人の人員を業容拡大に伴い増やしていく方針。この不況の中、倒産した中小企業の経営者や会社勤めのサラリーマンなども多数、就職しているようだ
 
 
2005年の農地法改正により、株式会社やNPO法人などの農業参入が解禁されて以来、現在では多くの業種・分野からの民間企業による参入が見受けられる。今までの技術・ビジネスノウハウを活かした民間企業による農業ビジネス参入の場合、耕作放棄地解消や雇用拡大に貢献にもつながる(特に、大規模生産モデルを採用する場合)。
 
 
しかし、農業は奥が深く(特に土壌栽培の場合)、栽培ノウハウを持たない新規参入の場合、数年間は赤字が続くことも多く、採算性が合わないと見るや、即座に撤退する危険性も考えられる。よって支援サポートを実施する自治体等は、民間企業による農業の大規模経営参入の結果、荒廃した大規模な農地が残るリスクがあることを念頭に入れる必要があるのかもしれない。
 
 
農業生産法人わかばフーズ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  2. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  3. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  7. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  10. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
ページ上部へ戻る