通年で働くことができる小規模な人工光型施設を建設。既存の果物貯蔵庫を植物工場に改修(NPO法人さらら壮瞥)

北海道・壮瞥町のNPO法人さらら壮瞥(そうべつ)は、規模は小さいが、完全人工光型植物工場で栽培したリーフレタスの出荷を始めた。気象変動の影響を受けることがなく、病原菌や害虫の被害もないクリーンな栽培ルームで、安心・安全な野菜の通年栽培を実施する。


同法人は指定障害者福祉サービス事業所を運営。就労意欲がある障害者、高齢者にピーマンやリンゴの栽培、天然酵母100%のパン製造・販売の仕事を提供している。


主力事業である農作業は季節労働のため、年間を通して働くことができる農業施設の確保を模索していた。その中で、野菜の周年・計画生産が可能な植物工場の開設を決断。人工光型植物工場の事業を展開している佐賀県のメーカーと契約し、敷地内に水耕栽培設備一式を導入した。


同法人の坂爪理事長が、かつて経営していた坂爪果樹園のリンゴ貯蔵庫約60平方メートルを改修し、設備を入れる建物に転用したため、初期投資は約1千万円に抑えることができた。「販売価格を抑えるには管理運営費を切り詰める必要があるが、電気代をカットするのは難しい」と話す。


今年6月20日に完成し、22日からリーフレタスの種まきをスタート。品種は「ハンサムグリーン」「ハンサムレッド」「トロッピーグリーン」の3種。育苗に30日栽培ポットに定植してから15日で収穫が可能になるため、今月7日から出荷を始めた。


開始時の生産量は1日80株と少なく、就労は4人にとどまるが、「近く増設して200〜250株の生産量にするので、15人程度は働けるようになる」としている。地元の直売店では3種とも1株70グラム130円にて販売しており、今後はホテルやレストランなどの業務向けの営業にも力を入れていく、という。(参考:室蘭民報より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  2. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  7. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
ページ上部へ戻る