通年で働くことができる小規模な人工光型施設を建設。既存の果物貯蔵庫を植物工場に改修(NPO法人さらら壮瞥)

北海道・壮瞥町のNPO法人さらら壮瞥(そうべつ)は、規模は小さいが、完全人工光型植物工場で栽培したリーフレタスの出荷を始めた。気象変動の影響を受けることがなく、病原菌や害虫の被害もないクリーンな栽培ルームで、安心・安全な野菜の通年栽培を実施する。


同法人は指定障害者福祉サービス事業所を運営。就労意欲がある障害者、高齢者にピーマンやリンゴの栽培、天然酵母100%のパン製造・販売の仕事を提供している。


主力事業である農作業は季節労働のため、年間を通して働くことができる農業施設の確保を模索していた。その中で、野菜の周年・計画生産が可能な植物工場の開設を決断。人工光型植物工場の事業を展開している佐賀県のメーカーと契約し、敷地内に水耕栽培設備一式を導入した。


同法人の坂爪理事長が、かつて経営していた坂爪果樹園のリンゴ貯蔵庫約60平方メートルを改修し、設備を入れる建物に転用したため、初期投資は約1千万円に抑えることができた。「販売価格を抑えるには管理運営費を切り詰める必要があるが、電気代をカットするのは難しい」と話す。


今年6月20日に完成し、22日からリーフレタスの種まきをスタート。品種は「ハンサムグリーン」「ハンサムレッド」「トロッピーグリーン」の3種。育苗に30日栽培ポットに定植してから15日で収穫が可能になるため、今月7日から出荷を始めた。


開始時の生産量は1日80株と少なく、就労は4人にとどまるが、「近く増設して200〜250株の生産量にするので、15人程度は働けるようになる」としている。地元の直売店では3種とも1株70グラム130円にて販売しており、今後はホテルやレストランなどの業務向けの営業にも力を入れていく、という。(参考:室蘭民報より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  2. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  3. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  4. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  5. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
ページ上部へ戻る