キューピーとJA全農、業務用カット野菜で新会社を設立。外食産業や給食業者に対して千切りキャベツやミックス野菜などを販売

植物工場IT活用事例セミナー

キューピー全国農業協同組合連合会(JA全農)は8月27日、業務用カット野菜を製造販売する新会社「グリーンメッセージ」を12月に共同で設立すると発表した。資本金は20億円で、キューピーが51%、JA全農が49%を出資する。神奈川県大和市に工場を建設し、来年10月の稼働を目指す。工場の生産能力は年間約8千トン、2015年の売上高は18億円を見込む。


外食産業や給食業者に対し、千切りキャベツやミックス野菜などを販売する予定だ。本社は当面は東京都府中市に置くが、工場の完成時に大和市に移す。国内で25年までにさらに2カ所の工場を設立し、売上高100億円を目指す考えだ。

以下にJA全農によるプレスリリース(PDFファイル)を掲載する。

2013年08月27日

キユーピー株式会社
全国農業協同組合連合会

業務用野菜加工の合弁会社を設立します 株式会社グリーンメッセージ

キユーピー株式会社(以下「キユーピー」)と全国農業協同組合連合会(以下「全農」)は、業務用野菜加工品の製造・販売を行う新会社「株式会社グリーンメッセージ」を合弁で設立することで合意しました。設立は2013年12月3日(火曜日)を予定しています。


日本の食品市場は、加速する高齢化、女性の社会進出、単身世帯の増加、個食化の進行などの諸要因を背景に、食の外部化(内食から中食・外食へのシフト)が進んでいます。また、国内の野菜生産は縮小傾向にあると言われていますが、その中に占める加工・業務用向けの野菜、特にカット野菜の割合が増加しています。


「株式会社グリーンメッセージ」は、キユーピーの生産技術力と品質力、そして全農の野菜調達力という、両者の強みを最大限に活かす合弁会社です。


同社は全農が所有する神奈川県大和市の土地に新工場を建設し、主に業務用向けの野菜加工品の製造・販売を開始します。新工場の投資金額は約20億円で、2014年10月の稼働を予定しています。そして2025年までに国内でさらに2ヵ所の生産拠点を設け、100億円の売上高をめざします。


キユーピーグループは「野菜のキユーピー」を中期経営計画における成長の方向性の一つとして掲げており、拡大する業務用の野菜加工品市場に積極的に取り組むことは、グループの今後の成長に大きく寄与すると考えています。


全農は、変化する野菜需要への対応力をいっそう強化し、国内農業の生産基盤強化と安定化を推進しています。国産原料の使用拡大による「元気な産地づくり」の取り組みは、日本の農業にとって大変重要なことであると考えています。


「株式会社グリーンメッセージ」は、生産者と消費者の「想いをつなぐ野菜工場」の実現を中心に事業活動を行い、野菜加工を通じて健康的な食生活を提供してまいります。