立命館大学と守山市が共同で「琵琶湖の水草堆肥化事業」をスタート、有機農法に活用

守山市(滋賀県)と立命館大は8月22日、琵琶湖で大量に繁殖している水草を堆肥に変え、農産物の有機栽培に活用する事業を始めると発表した。琵琶湖の南湖では現在、面積の八割以上にわたり水草が分布しており、水流の阻害や汚泥の沈殿を招いている。住民らによる刈り取り後も焼却するか埋めるしかなく、堆肥化事業で水質改善とともに地域循環型の農業確立を目指すのが狙いという


「琵琶湖の水草堆肥化事業」は、未利用の水草を堆肥化させ、その堆肥で野菜や農産物を有機栽培し、「有機グラスベジタブル(仮称)」として商品ブランド化して、守山市内の伝統野菜の生産拡大や食料自給率の向上を目指す取り組みである。本年度はオオカナダモとオオバナミズキンバイが対象。既に立命館大生命科学部の久保幹教授(環境微生物学)がリンや窒素などの成分バランスを見て、いずれも堆肥として有効だと確認した。


具体的には、守山市が琵琶湖の水草(オオカナダモ等複数種)を除去した後、ガラス温室で2〜3ヶ月保管し、乾燥発酵させる。その後、守山市内の実際の圃場において水草堆肥を使って野菜を栽培し、味覚や収穫量、成分を慣行栽培と比較を行い、2013年度内の実用化を目指す。実用化の際には、水草堆肥で栽培した農産物のブランド力構築の可能性、学校給食や病院食および健康食への活用の可能性、6次産業化としての事業展開の可能性などを検討する。


事業は、産学官が連携して食料自給力の向上を目指す守山市の「もりやま食のまちづくりプロジェクト」の一環として行うものである。なお、内閣府の「平成25年度 特定地域再生事業」の採択を受け、その補助金を活用して実施する。(参考:中日新聞より)