研修育成方法の見直しと契約農家拡大を目指して、千葉に大規模な水耕ハウスを新設(葉っぱやファーム)

独自ブランドブーケレタスなどの生産を行う農業生産法人葉っぱやファーム(千葉県市原市)では研修育成方法の見直しと契約農家拡大を目指して、千葉の市原市から借り受けた約1.5ヘクタールの土地に、レタス栽培用ハウスの建設がスタートした

今年の11月をめどに8棟のハウスを新設、来春までに合計で14棟に増やす計画であり、総投資額は約1億5000万円を見込む。研修生はまず2カ月ほど一緒に基本的な栽培法を学び、その後、1人1棟ずつハウスを借りて独自にレタス栽培に取り組む。「順調なら1棟で月5000株のレタスが収穫できる」という。

研修育成方法の見直しと契約農家拡大を目指して、千葉に大規模な水耕ハウスを新設(葉っぱやファーム)

同社の研修プログラムでは、これまで月給(約16万円)を払いながら栽培法を教えてきたが、長続きする人が少なかった。そこで、研修生に1棟ずつ水耕栽培用のハウスを貸与し、収穫量が増えるほど収入が増えるインセンティブを加えた仕組みに変更することで、研修生の意欲や工夫を引き出そうとするのが狙い。生産したレタスは同法人が全量を買い取り、研修生はハウスの賃料などを差し引いたお金を収入として受け取る形になる


同社では現在、自前農場や全国30カ所の契約農場でブーケレタスを栽培し、販売会社の葉っぱや(市原市)を通じて百貨店や食品スーパーなどに出荷している。価格は1パック300円前後と若干、高めではあるものの、味や長持ちする点が好評で「年々引き合いが増えている」という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  3. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  4. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  5. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  10. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る