愛媛県の外郭団体、えひめ産業振興財団は農業のIT化に向けて「えひめITソリューション研究会」を設置

愛媛県の外郭団体であるえひめ産業振興財団は、平成25年度のテーマとして農業のIT化を掲げ「えひめITソリューション研究会」を設置。県内のIT企業と農業生産法人が連携し、農業の生産効率化に向けたシステムの開発することでIT企業を育て、地域経済の活性化を目指す。


えひめ産業復興財団は、愛媛県と連携し県内IT企業の下請け脱却を目指して、異業種との連携による自社製品の開発を目指し、「えひめITソリューション研究会」を設立した。


今年度は、農業のIT化を目標としコンピューターシステム大栄電機工業など県内のIT企業8社が参加。地元スーパー大手のフジが今年設立した「フジファーム」など4つの農業生産法人も参加する予定だ。


またITコーディネータであるITC愛媛を中心に愛媛県にゆかりのあるグループウェア最大手のサイボウズ、気象情報会社のハレックスがサポートする。試作品の開発費用は参加企業が負担するが、商品化できれば同財団が助成制度を使い、販路開拓などを支援していく。


今月13日に行われた初会合では、13日の初会合では、農業生産法人から農業生産での課題を聞く。研究会は10月までに6回程度開催し、試作品の完成を目指す。気象データを基に、農作物で今後起きる可能性がある病気などを事前に予測するシステムの開発などが開発候補になりそうだ。(参考:日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  3. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  4. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  5. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  6. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
ページ上部へ戻る