野菜作りで自立支援 県の中山間地域チャレンジ支援事業の採択受けて農業に参入(エルハート城端)

富山県・南砺市理休の福祉作業所エルハート城端は、通所する知的障害者が地域の中で自立した生活を送れるよう、野菜栽培を中心とした農業に取り組んでいる。現在は耕作放棄地約80アールを活用し、タマネギやニンジンなどの生産から出荷までを一貫して手がけ、地元の食品会社に納めている。今後さらに作付面積を増やし、3年後の法人化を目指している。


エルハート城端は社会福祉法人「手をつなぐとなみ野(小矢部市)が運営する作業所で、月刊誌の冊子入れ、食品梱包袋のシール貼り、カレンダーの梱包、田植え後の苗箱洗いのお仕事など、たくさんの下請け作業を行っている。また自主製品として、着物をリサイクルした布ぞうりを主に作成している。野菜栽培は5年ほど前からを始めた。今年度から3年間、県の中山間地域チャレンジ支援事業の採択を受けて農業に本格参入している。


同社では今年、30アールの畑を80アールに増やし、タマネギ30アール、ニンジン20アール、インゲン、カボチャ、サツマイモを各10アール作付けした。秋にはダイコンなどの栽培に取り組む予定だという。


また同社では、南砺市立野原東の工場建物を生産加工作業の拠点として取得し、「なんとポークの飼料に使う柿の皮を粉末にしたり、ニラを束ねたりする作業も請け負っている。夕市などを随時開催し、地域住民の交流の場としても活用している。野菜は7月上旬のインゲンを皮切りに収穫が始まっており、すべて南砺市理休の食品会社「なかしま」に出荷している。タマネギは収穫後に乾燥、サイズ分けし、酢水に付けて殺菌した状態で出荷する。カボチャも陰干しで糖度を上げるなど一手間加えた上で出荷する。


なかしまの中嶋務社長(56)は「通所者の生きがいになるとともに、農地の有効活用や地元産野菜の使用促進にもつながる」とメリットを話す。現在は通所者3人が専従職員や地元農家とともに作業に取り組む。エルハート城端の境 富廣管理者は「通所者がいっそういきいきと仕事ができるよう、将来はグループホーム的な施設の整備も検討したい」と話している。(参考:北國新聞社より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  5. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  6. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  7. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  2. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
ページ上部へ戻る