カゴメが中国にて新会社を設立、業務用トマト調味料事業に参入

 カゴメ株式会社は、業務用のトマト調味料の製造販売、仕入販売を行う可果美(天津)食品制造有限公司を設立し、中国での業務用トマト調味料事業に参入することを決定した。日本に対し、一人あたりの年間トマト消費量が四倍近い中国における調味料としてのトマトの消費増加を見込んでの参入である。

カゴメ株式会社は、2013年8月15日、業務用のトマト調味料の製造販売、仕入販売を行う可果美(天津)食品制造有限公司を設立し、中国での業務用トマト調味料事業に参入致します。

1.事業プラン
 中国における一人当たりの年間トマト消費量28.5kgのうち、27.5kgは生食用トマトの消費で占められており(※1)、調味料としてのトマトは、今後大きく伸びる可能性があります。実際に、食の洋風化、多様化の進展により、トマト調味料市場が急速に拡大しています。

特に中食や外食などの業務用のトマト調味料市場は、市場規模は200億円を超えており、年率20%で成長しています。本事業は、中国において伸長するトマト調味料市場をビジネスチャンスと捉え、今回の新会社の設立により、新たな市場のニーズに応えて参ります。

 新しい生産拠点として、2014年8月までに約1.7億円を投じ自社工場を建設し、生産を開始する予定です。工場の敷地面積は約1,500平米、最大生産能力は約3,000t/年です。売上は、2017年までに年間約3.9億円を計画しています。自社工場の稼働前は、2013年9月より、協力工場生産品の仕入販売を行います。

カゴメは、業務用トマト調味料において、日本国内のみならず海外においてもグローバルに展開する大手外食チェーンなどにも商品を供給しており、高品質のトマト加工品サプライヤーとして市場を拡大しています。中国での本事業においても、カゴメのトマト原料のグローバル調達ネットワークと日本国内で培った商品開発力、提案営業力を活かし、差別化意識の高い中国の外食・中食や、中国に進出している日系企業のニーズに応え、市場を開拓して参ります。

※1 日本の一人当たりの年間トマト消費量は8.3kgで、うち加工用が5.6kg、生食用は2.7kg(出典:FAO Food Balance Sheets 2009)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  4. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  5. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  6. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  7. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
ページ上部へ戻る