地球温暖化が進んだ条件下で花が咲く時期や期間を予測する手法を開発 気候変動に対応した農業の支援が可能に(北海道大学など)

植物の開花を制御する2つの遺伝子の働きを調べることで、将来、地球温暖化が進んだ条件下で花が咲く時期や期間を予測する手法を、北海道大の佐竹暁子准教授らのチームが開発し、8月13日付の英科学誌の「Nature Communications」電子版に掲載した。


この研究は農作物の収穫量を左右する開花期間や、自然界の植物の開花状況など生態系がどう変化するかを把握することを目的に行われた。研究を行ったのは、北海道大学の佐竹暁子准教授と京都大学、農業環境技術研究所(茨城県つくば市)の共同チームである。

研究チームは開花期間を、花芽ができて開花してから、花がしおれて再び葉が成長し始める時点(開花終了)までと定義。ハクサンハタザオの開花を促す「FT遺伝子」と、この遺伝子の働きを抑制し開花を終了させる作用がある「FLC遺伝子」の活動量の変化を異なる温度の下で調査を行った。


研究の結果得たのは以下の三点。

・開花を制御する二つの主要な遺伝子の働きを調べることによって、複雑な野外環境で開化の始まりと終わりを予測する手法を開発
・温暖化に伴い植物の開花期間は短くなり、約5度の温度上昇で開化しなくなるという予測
・地球温暖化が生態系に及ぼす新たなリスクを評価し、重要作物の収量を制御する技術として応用可能


越冬の後、春に開花する植物では、長期間の低温を経験して初めて「花芽(花になる芽のこと)」形成が誘導される。このことは「春化」と呼ばれ、春まきと秋まき小麦の違いに代表されるように古くから知られていた現象である。

しかし近年、春化の分子メカニズムが解明されたことによって、植物の温度応答の仕組みが分子レベルで次々とわかってきたにも関わらず、自然環境で見られる複雑な温度変化の下で植物がどのように季節の移り変わりに応答し適切な時期に開花できるのかは、未解明のままだった。一方で、サクラを含め多くの植物の開花時期は、積算温度の算出といった経験的手法に基づいて予測されており、その分子メカニズムを考慮した予測モデルはなかった。


この実験を基にした予測では、温度上昇に伴いFLC遺伝子の働きが強まり、開花の終了が早まるという。2011年9月から1年間の地表温度だと開花期間は約60日だが、温度上昇とともに短くなり、5度上昇するとゼロとなって開花しない状態になるとしている。


また、この手法は大麦やハクサンハタザオと同じアブラナ科のブロッコリーなどに応用できる。佐竹准教授によれば「温度が上昇した場合、どの栽培品種が十分な開花期間を得られるか、前もって知ることができ、気候変動に対応した農業の支援が可能になる」という。(参考:日本経済新聞ほか、共同調査チームによるプレスリリース,PDFファイルより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  2. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  4. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  5. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  9. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  10. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  4. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
ページ上部へ戻る