農機メーカーのヤンマーが青空市場プレミアムマルシェを開催。都会の消費者をターゲットに直接販売

農機メーカーのヤンマーが「青空市場」の運営に乗り出す。同社の顧客で、農法や味にこだわりを持つ生産者に旬の食材を出品してもらい、都会暮らしの消費者に直接販売する。農業の価値を高める取り組みの一環。海外での開催も検討する。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

農機メーカーのヤンマーが青空市場プレミアムマルシェを開催。都会の消費者をターゲットに直接販売

ヤンマーがこだわりの生産者と消費者をつなぐ
日本中からプレミアム食材が集まる!ヤンマー「プレミアムマルシェ」開催


この度、ヤンマー株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山岡健人、以下:ヤンマー)は、今年3月に発表した新戦略「ヤンマープレミアムブランドプロジェクト(※)」の一環として、こだわりを持った生産者と消費者をより深くより直接的に結ぶ出会いの場「プレミアムマルシェ」を、東京と大阪で開催します。


ここ数年、食の品質や安全性にこだわる人が増えています。自然と調和したより豊かなライフスタイルを求めるなど、価値観も大きく変化してきています。

都会の人々の農業や漁業への関心を高め、産業としての価値をもっと高るため、食料生産をずっと支援してきた会社として、本年より具体的な取り組みを始めました。


その第一歩として、今年4月より食をテーマとするテレビ番組を開始。と同時に、生産者と消費者を直接結ぶ青空市場を8月に東京、10月に大阪で開催します。こだわりの生産物の「こだわり」とは何かを明らかにすることで、生産者と消費者がより深くより直接的につながることを目指す試みです。


新しい「農」をクリエイトするヤンマーとして、これからの農業をより強いものへ。さらに、農業にとどまらず漁業など食料生産の様々な分野でお客様の課題を解決することを通じて、人々のより豊かなくらしを実現していく。それが私たちヤンマーのプレミアムマルシェです。


プレミアムマルシェ
<東京会場>
開催日:2013年8月24日(土)・25日(日) <雨天決行>
時 間:11:00〜17:00(予定)
場 所:恵比寿ガーデンプレイス センター広場

<大阪会場>
開催日:2013年10月26日(土)・27日(日)<雨天決行>
時 間:11:00〜17:00(予定)
場 所:グランフロント大阪 北館1階 ナレッジプラザ

※ 詳細は、同社によるプレスリリースをご参照下さい

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  4. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  5. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  6. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  8. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  9. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
ページ上部へ戻る