農機メーカーのヤンマーが青空市場プレミアムマルシェを開催。都会の消費者をターゲットに直接販売

農機メーカーのヤンマーが「青空市場」の運営に乗り出す。同社の顧客で、農法や味にこだわりを持つ生産者に旬の食材を出品してもらい、都会暮らしの消費者に直接販売する。農業の価値を高める取り組みの一環。海外での開催も検討する。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

農機メーカーのヤンマーが青空市場プレミアムマルシェを開催。都会の消費者をターゲットに直接販売

ヤンマーがこだわりの生産者と消費者をつなぐ
日本中からプレミアム食材が集まる!ヤンマー「プレミアムマルシェ」開催


この度、ヤンマー株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山岡健人、以下:ヤンマー)は、今年3月に発表した新戦略「ヤンマープレミアムブランドプロジェクト(※)」の一環として、こだわりを持った生産者と消費者をより深くより直接的に結ぶ出会いの場「プレミアムマルシェ」を、東京と大阪で開催します。


ここ数年、食の品質や安全性にこだわる人が増えています。自然と調和したより豊かなライフスタイルを求めるなど、価値観も大きく変化してきています。

都会の人々の農業や漁業への関心を高め、産業としての価値をもっと高るため、食料生産をずっと支援してきた会社として、本年より具体的な取り組みを始めました。


その第一歩として、今年4月より食をテーマとするテレビ番組を開始。と同時に、生産者と消費者を直接結ぶ青空市場を8月に東京、10月に大阪で開催します。こだわりの生産物の「こだわり」とは何かを明らかにすることで、生産者と消費者がより深くより直接的につながることを目指す試みです。


新しい「農」をクリエイトするヤンマーとして、これからの農業をより強いものへ。さらに、農業にとどまらず漁業など食料生産の様々な分野でお客様の課題を解決することを通じて、人々のより豊かなくらしを実現していく。それが私たちヤンマーのプレミアムマルシェです。


プレミアムマルシェ
<東京会場>
開催日:2013年8月24日(土)・25日(日) <雨天決行>
時 間:11:00〜17:00(予定)
場 所:恵比寿ガーデンプレイス センター広場

<大阪会場>
開催日:2013年10月26日(土)・27日(日)<雨天決行>
時 間:11:00〜17:00(予定)
場 所:グランフロント大阪 北館1階 ナレッジプラザ

※ 詳細は、同社によるプレスリリースをご参照下さい

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る