農機メーカーのヤンマーが青空市場プレミアムマルシェを開催。都会の消費者をターゲットに直接販売

農機メーカーのヤンマーが「青空市場」の運営に乗り出す。同社の顧客で、農法や味にこだわりを持つ生産者に旬の食材を出品してもらい、都会暮らしの消費者に直接販売する。農業の価値を高める取り組みの一環。海外での開催も検討する。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

農機メーカーのヤンマーが青空市場プレミアムマルシェを開催。都会の消費者をターゲットに直接販売

ヤンマーがこだわりの生産者と消費者をつなぐ
日本中からプレミアム食材が集まる!ヤンマー「プレミアムマルシェ」開催


この度、ヤンマー株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山岡健人、以下:ヤンマー)は、今年3月に発表した新戦略「ヤンマープレミアムブランドプロジェクト(※)」の一環として、こだわりを持った生産者と消費者をより深くより直接的に結ぶ出会いの場「プレミアムマルシェ」を、東京と大阪で開催します。


ここ数年、食の品質や安全性にこだわる人が増えています。自然と調和したより豊かなライフスタイルを求めるなど、価値観も大きく変化してきています。

都会の人々の農業や漁業への関心を高め、産業としての価値をもっと高るため、食料生産をずっと支援してきた会社として、本年より具体的な取り組みを始めました。


その第一歩として、今年4月より食をテーマとするテレビ番組を開始。と同時に、生産者と消費者を直接結ぶ青空市場を8月に東京、10月に大阪で開催します。こだわりの生産物の「こだわり」とは何かを明らかにすることで、生産者と消費者がより深くより直接的につながることを目指す試みです。


新しい「農」をクリエイトするヤンマーとして、これからの農業をより強いものへ。さらに、農業にとどまらず漁業など食料生産の様々な分野でお客様の課題を解決することを通じて、人々のより豊かなくらしを実現していく。それが私たちヤンマーのプレミアムマルシェです。


プレミアムマルシェ
<東京会場>
開催日:2013年8月24日(土)・25日(日) <雨天決行>
時 間:11:00〜17:00(予定)
場 所:恵比寿ガーデンプレイス センター広場

<大阪会場>
開催日:2013年10月26日(土)・27日(日)<雨天決行>
時 間:11:00〜17:00(予定)
場 所:グランフロント大阪 北館1階 ナレッジプラザ

※ 詳細は、同社によるプレスリリースをご参照下さい

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  2. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  3. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  4. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  5. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る