アクアポニクス分野にて教育機関をターゲットに食育プログラムを提供(Kijiji Grows社)/野菜の水耕栽培と魚の養殖

Kijiji Grows社を始めてご紹介したのは2009年末。サンフランシスコのグリーンフェスティバルで同社のアクアポニクス装置を発表した際の様子を報告した。参加者からの注目度は高く、様々な質問が飛び交ったという。
 
同社が開発・提供する商品は、水耕栽培により野菜を育てながら、同時に魚の養殖も可能にするアクアポニクス装置である(詳細はこちらの記事を参照)
 
 
現在でも、主に教育分野をターゲットに、様々な場所でアクアポニクス装置を設置しており、最近ではLED照明装置を導入したシステム開発にも取り組んでいる。また、一部の学校へ水耕栽培システムを寄付するプロジェクトもスタートしている。同社は、この水耕栽培キットを教育現場で活用することによって、生物学や化学、環境学だけでなく、数学やIT技術、そして起業家精神や自然・水の大切さを学ぶツールとして最適である、とアピールしている。
 

 
 
こうした教育機関(子供たち)をターゲットにするためにも、地元住民(親・子供)が多く参加するイベントに積極的に参加しており、その土地で活動するNPO法人や市民団体、教育機関などとの連携をはかりながら、学校側からの信頼も徐々に獲得しつつあるようだ。
 
 
この水耕栽培キット自体は、学校の教室や庭先で簡単に準備することが可能ではあるものの、組み立てから栽培に関する機械のセッティングまでの全てを、子供達と一緒に実施できるように、先生のためのトレーニング・サービスなども提供している。また、生徒同士は自分達の学校だけでなく、他校の生徒とも情報交換ができるように、SNSやITツールを導入したコミュニケーションも進めている。将来的には、学校対抗のアクアポニクス・アイデアコンテストや実験報告会を実施したい、と考えているようだ。
 

こうした室内・観賞用のアクアポニクスも開発・設置している

 
同社は、Keba Konte 氏とEric Maundu 氏が共同で立ち上げた企業。Keba Konte 氏は飲食業界出身、Eric Maundu 氏は、ケニアの伝統的な農園で育ち、地元の資源を使用して、最新のテクノロジーを伝統的な技法に組み込むことで、新しい農業スタイルを確立させようと様々な活動を行っていた。こうした活動の中で水耕栽培に出会い、長年の研究成果をビジネスにつなげたという。今後の動向も継続的に追いかけてみたい、と思います。
 

● Kijiji Grows社の概要ビデオ

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  4. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  7. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る