『農業・植物工場ビジネス』調査研究報告会<3月19日(東京)>

弊社では過去数年間に渡り、植物工場ビジネスを中心に、企業における農業ビジネス参入事例を研究して参りましたが、4月からアグリビジネス研究会を開催するにあたり、今までの調査研究成果の報告会を開催したいと考えております

 

  • 『調査研究報告会の詳細』

    ■ (日時) 2010年3月19日(金)<14:00〜16:30(13:30開場)>

    ■ (場所) 帝国劇場ビル地下2階「神戸大学東京凌霜クラブ」(詳細地図

    ■ (参加費) 3,000円<当日、現金にてお願いします。領収書発行可能>
    ※ 当日は報告書・資料も配布いたします。

    ■ (定員) 30名ほど
    ※ 現在までに30名以上の申込が御座います。会場規模により、あと数名のみの参加とさせて頂きます。お早めに事前予約の方をお願い致します。

    ■ (参加対象者)
    農業・植物工場ビジネスへの新規事業検討者、農業関連企業や生産者(農家)で共同事業を検討している方、その他(ご興味のある方なら誰でも参加可能)

    ■ (当日のプログラム)
    (14:00〜15:15) 企業による農業ビジネス参入事例・現状について
    (15:15〜15:30) 休憩(アンケート記入等のお願い)
    (15:30〜16:30) 開発企業各社の植物工場システム/参入事例について

    報告会の前後にて、個別相談にも対応いたします。時間の都合上、報告会では全ての内容をお話することはできませんので、個別にご質問・相談下さいませ。

 

  • 当日の発表内容について
    過去の研究会・ビジネスマッチング会(フェアリーエンジェル、エスペックミック 等)、その他の取材・ヒアリングを通じて得た情報をもとに、植物工場ビジネスへの各社参入事例企業による農業ビジネス参入事例・現状について報告させて頂きます。
     
    報告会では研究技術紹介ではなく、ビジネスアプローチ(ビジネスモデル、マーケティング戦略、採算性・実行可能性 等)による発表が中心となります。
     

    • 企業による農業ビジネス参入事例・現状

      農地法改正によって、農地の賃借期間も延長され、農業生産法人への出資上限も引き上げられました。現在では、外食・建設業だけでなく、様々な業種からの農業ビジネス参入が見受けられます。各業界・分野における参入事例をご紹介します。<事例: IT、不動産、運送/倉庫/物流、インフラ(電気・ガス・鉄道)、医療・社会福祉法人、教育、農商工連携事例など>
       

    • 開発企業各社の植物工場システム/参入事例

      開発企業各社の植物工場システムに関する技術・特徴・投資額に関する情報、実際の植物工場プラントの収支・試算データ、マーケティングにおける課題点 等を報告します。
      <過去の取材企業:フェアリーエンジェルエスペックミック日本アドバンストアグリ森久エンジニアリング 等>
       

    • 共同事業モデルの提案

      土壌から水耕栽培、植物工場を含め、テクノロジーを活用したアグリビジネスについて、共同事業モデルの提案を行います。各業界・業種について、どのような農業・アグリビジネスであれば、新規事業として「初期投資の削減・リスク分散」と「売上・収益性確保」の両立が図れるのか、ケース事例を元に、複数の共同事業モデルを提案させて頂きます。

     
     

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  7. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
ページ上部へ戻る