3Dプリンター技術を活用したLED型植物工場システムにて、ペパーミントのカクテル『モヒート』を新発売(クルックスクルーズ)

有限会社クルックスクルーズは2013年8月19日、LED光源を活用した水耕栽培で育てた高品質のペパーミントを使い、ラム酒をベースにしたカクテル『モヒート』 の販売をする。栽培システムには、3Dプリンターパネル技術を採用した。以下、同社によるプレスリリースを掲載する。

3Dプリンターパネルを活用した水耕栽培ペパーミントのカクテル『モヒート』

3Dプリンターパネルを活用した水耕栽培ペパーミントのカクテル『モヒート』
お台場のヨーロピアンリゾートカフェが3社と共同開発した3Dプリンターパネルで水耕栽培ペパーミントの生産に成功

お台場のヨーロピアンリゾートカフェを経営する有限会社クルックスクルーズ(本社:東京都港区台場、代表取締役 橘航平)は、株式会社ストーンスープ(本社:神奈川県横浜市青葉区、代表取締役CEO 浦元淳也)とTOKYO Maker(本拠地:神奈川県横浜市、代表 毛利宣裕)と共同開発した3Dプリンターパネル(※1)を活用して、LED光源を活用した水耕栽培ペパーミントの生産に成功しました。


3Dプリンターパネルは、ABSプラスチック樹脂を中空の状態で積層造形をすることにより水面での浮力を確保できる世界で初めての水耕農業モデルになります。

店舗(クルックスカフェオ)で販売する『モヒート』は、キューバ生まれのラム酒をベースにしたミントとライムの爽やかなカクテル。真夏の午後のひと時にリラックスして愉しめるようにバカルディ社と共同でレシピを開発しました。収穫したばかりのミントと生ライムを使うことにより新鮮さと爽快感を味わうことができます。


LED光源活用型の水耕栽培ペパーミントは、毎日数量限定にて店頭販売を行います。フローティング水耕栽培を行うための3Dプリンターパネルは今秋販売予定をしております。

・バカルディモヒート 600円(税込)
・水耕栽培ペパーミント 200円(税込)
・3Dプリンターパネル(今秋販売予定)

(※1)3Dプリンターを使うことにより空気の層をプラスチック内に閉じ込めて水に浮かぶことの出来る水耕栽培用パネル(特許出願中)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  6. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  10. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  2. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
ページ上部へ戻る