3Dプリンター技術を活用したLED型植物工場システムにて、ペパーミントのカクテル『モヒート』を新発売(クルックスクルーズ)

有限会社クルックスクルーズは2013年8月19日、LED光源を活用した水耕栽培で育てた高品質のペパーミントを使い、ラム酒をベースにしたカクテル『モヒート』 の販売をする。栽培システムには、3Dプリンターパネル技術を採用した。以下、同社によるプレスリリースを掲載する。

3Dプリンターパネルを活用した水耕栽培ペパーミントのカクテル『モヒート』

3Dプリンターパネルを活用した水耕栽培ペパーミントのカクテル『モヒート』
お台場のヨーロピアンリゾートカフェが3社と共同開発した3Dプリンターパネルで水耕栽培ペパーミントの生産に成功

お台場のヨーロピアンリゾートカフェを経営する有限会社クルックスクルーズ(本社:東京都港区台場、代表取締役 橘航平)は、株式会社ストーンスープ(本社:神奈川県横浜市青葉区、代表取締役CEO 浦元淳也)とTOKYO Maker(本拠地:神奈川県横浜市、代表 毛利宣裕)と共同開発した3Dプリンターパネル(※1)を活用して、LED光源を活用した水耕栽培ペパーミントの生産に成功しました。


3Dプリンターパネルは、ABSプラスチック樹脂を中空の状態で積層造形をすることにより水面での浮力を確保できる世界で初めての水耕農業モデルになります。

店舗(クルックスカフェオ)で販売する『モヒート』は、キューバ生まれのラム酒をベースにしたミントとライムの爽やかなカクテル。真夏の午後のひと時にリラックスして愉しめるようにバカルディ社と共同でレシピを開発しました。収穫したばかりのミントと生ライムを使うことにより新鮮さと爽快感を味わうことができます。


LED光源活用型の水耕栽培ペパーミントは、毎日数量限定にて店頭販売を行います。フローティング水耕栽培を行うための3Dプリンターパネルは今秋販売予定をしております。

・バカルディモヒート 600円(税込)
・水耕栽培ペパーミント 200円(税込)
・3Dプリンターパネル(今秋販売予定)

(※1)3Dプリンターを使うことにより空気の層をプラスチック内に閉じ込めて水に浮かぶことの出来る水耕栽培用パネル(特許出願中)