特殊反射板を利用した閉鎖型人工光型植物工場にて、種からイチゴの周年・量産化に成功(ストロベリーラボラトリー・藤電気)

イチゴの研究から生産、販売までを行っているストロベリーラボラトリー株式会社と先日、反射板を工夫して効率を高めたLED光源の植物工場を開発した株式会社藤電気(弊社による関連記事)は閉鎖型人工光植物工場で、イチゴを年間通じて安定して量産化する技術を確立した。

植物工場は、農薬を使わずに栽培可能なことが特徴であり、夏のスイーツ市場にイチゴを使った商品を供給することが可能となる。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

ストロベリーラボラトリーと藤電気、種から季節を問わずにイチゴの量産化に成功

2013年7月26日


農業栽培コンサルティングをメインに事業展開するストロベリーラボラトリー株式会社(東京都港区 代表者:湯川敦之)と植物栽培装置で明治大学黒川農場と共同研究をした株式会社藤電気(宮城県栗原市 代表者:伊藤紀明)は閉鎖型人工光植物工場(以下 植物工場)で、イチゴを年間通じて安定して量産化する技術を確立しました。


植物工場で量産化に成功した品種は、四季なり性種子繁殖型イチゴ「エラン」で、甘酸っぱく、程よい甘さと、非常に香りが豊かな品種のイチゴになります。植物工場で種から栽培したイチゴはウィルスフリーであり、病害虫の持ち込みがないことから、農薬を使わずに栽培可能なことが特徴です。また、植物工場で種から約100日で、イチゴの収穫にも成功しました。
季節を問わずに量産化が可能な技術を確立したことにより、夏場のイチゴ需要に対応することが可能となり、夏のスイーツ市場にイチゴを使った商品を供給することが可能となります。


特殊反射板を利用した閉鎖型人工光型植物工場にて、種からイチゴの周年・量産化に成功


ストロベリーラボラトリーはイチゴ生産に参入し、年内に新たに一日当り1000個収穫できるイチゴ工場を建設し、2014度から本格的にイチゴを生産し、5年後に一日当り10万個の収穫を目標にしています。生産したイチゴはコンビニエンスストアや洋菓子店などに販売する予定であります。


今回、植物工場に使用した光源はストロベリーラボラトリーが監修した東神電気社製の植物栽培用LED光源「tecoledG」を使用しました。


イチゴ量産化を記念して植物工場で栽培したイチゴ苗の配布を予定しております。ご希望の方は、ストロベリーラボラトリー公式facebookページで告知いたしますのでご覧ください。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  2. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  3. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  4. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  5. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  6. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  7. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  8. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  9. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  10. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
ページ上部へ戻る