ストロベリーラボラトリーなど、イチゴ植物工場にて種から周年・量産化に成功

イチゴの研究から生産、販売までを行っているストロベリーラボラトリー株式会社と、反射板を工夫して効率を高めたLED光源の植物工場を開発した株式会社藤電気は閉鎖型人工光植物工場で、イチゴを年間通じて安定して量産化する技術を確立した。

植物工場は、農薬を使わずに栽培可能なことが特徴であり、夏のスイーツ市場にイチゴを使った商品を供給することが可能となる。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

ストロベリーラボラトリーと藤電気、種から季節を問わずにイチゴの量産化に成功

(2013年7月26日)

農業栽培コンサルティングをメインに事業展開するストロベリーラボラトリー株式会社(東京都港区 代表者:湯川敦之)と植物栽培装置で明治大学黒川農場と共同研究をした株式会社藤電気(宮城県栗原市 代表者:伊藤紀明)は閉鎖型人工光植物工場(以下 植物工場)で、イチゴを年間通じて安定して量産化する技術を確立しました。

植物工場で量産化に成功した品種は、四季なり性種子繁殖型イチゴ「エラン」で、甘酸っぱく、程よい甘さと、非常に香りが豊かな品種のイチゴになります。

ストロベリーラボラトリーなど、イチゴ植物工場にて種から周年・量産化に成功植物工場で種から栽培したイチゴはウィルスフリーであり、病害虫の持ち込みがないことから、農薬を使わずに栽培可能なことが特徴です。また、植物工場で種から約100日で、イチゴの収穫にも成功しました。

季節を問わずに量産化が可能な技術を確立したことにより、夏場のイチゴ需要に対応することが可能となり、夏のスイーツ市場にイチゴを使った商品を供給することが可能となります。

ストロベリーラボラトリーはイチゴ生産に参入し、年内に新たに一日当り1000個収穫できるイチゴ工場を建設し、2014度から本格的にイチゴを生産し、5年後に一日当り10万個の収穫を目標にしています。
生産したイチゴはコンビニエンスストアや洋菓子店などに販売する予定であります。

今回、植物工場に使用した光源はストロベリーラボラトリーが監修した東神電気社製の植物栽培用LED光源「tecoledG」を使用しました。

イチゴ量産化を記念して植物工場で栽培したイチゴ苗の配布を予定しております。ご希望の方はストロベリーラボラトリー公式facebookページで告知いたしますのでご覧ください。