温室ハウスの大規模化・近代化が進む中国市場において、長期利用可能な高機能性フィルム工場が現地にて竣工(三菱樹脂)

三菱樹脂株式会社では、中国における農業ハウスの大型化、近代化に伴うフィルムの高機能化を見込み、中国で普及が期待される温室ハウス用の長期使用が可能な農POフィルムを現地にて生産するため、新会社を設立し、工場の開業式を実施した。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

温室ハウスの大規模化・近代化が進む中国市場において、現地の機能フィルム工場が竣工(三菱樹脂)

中国 無錫市の農業ハウス用高機能フィルム工場の竣工について
2013年08月07日

 三菱樹脂株式会社(本社:東京都千代田区 社長:姥貝 卓美)は、中国・江蘇省無錫市に設立した農業ハウス用高機能フィルムの製造・販売子会社 無錫菱樹農用薄膜材料科技有限公司(本社:中国江蘇省無錫市、董事長:大林 厚、以降 無錫菱樹社)の工場が完成し、本日、現地にて開業式を実施しましたので、お知らせいたします。


 当社の農業資材事業は、子会社の三菱樹脂アグリドリーム株式会社が農業ハウス用フィルム等を製造し、主に国内を中心に事業展開しています。一方、中国は、既に日本の70倍以上の施設園芸面積を有し、かつ今後も施設面積の拡大や農業ハウスの大型化、近代化に伴うフィルムの高機能化が見込まれています。

そのような状況のなか、当社は、中国で普及が期待される長期使用性(2〜5年)を有する農業ハウスの外張り用ポリオレフィン系フィルム(以降、農POフィルム)を現地にて生産し、中国市場に供給するべく、約20億円を投じて、現地子会社(無錫菱樹社)を設立し、その工場の建設工事を進めてまいりました。そして、今春、工場が完成し、8月より営業運転に入ったことから、本日、現地にて開業式を実施しました。


 開業式には、無錫市や無錫市錫山区、錫山経済技術開発区の幹部他関係者、工事関係者、中国の顧客など、総勢約80名が出席し、社長の姥貝は「今日という良き日を迎えることができましたのも、多くの関係者のお力添えがあってのことと心より感謝申し上げます。

これからも、高品質、高性能な製品をより低コストで提供し、中国での安定した農業生産、安全安心な食品づくりに貢献してまいります」と述べ、無錫菱樹社の董事長である大林は「歴史と伝統、また自然環境にも恵まれたこの無錫で、お客様のため、従業員のため、中国のため、日本のために貢献できる会社を目指し、努力してゆく所存です」と述べました。


 当社グループは、農POフィルムを農業ハウスの外張り用フィルムとして中国市場に広く供給していくことに加え、三菱樹脂アグリドリーム社が2011年から中国において実証実験を行っている太陽光利用型植物工場※向けのフィルムとしても使用するなど、中国での農業資材関連事業の拡大に向けて積極的に取り組んでまいります。なお、無錫菱樹社の2015年度の売上目標は20〜30億円です。


※三菱樹脂アグリドリーム社の太陽光利用型植物工場は、人工光を用いた完全閉鎖型の苗生産装置で苗を育て、その苗を、農POフィルムなどの高機能フィルムを使用して環境条件を制御した農業ハウス内に移し、養液栽培で周年計画的に野菜を生産するシステムです。

【無錫菱樹農用薄膜材料科技有限公司の概要】
所在地:中国江蘇省無錫市錫山経済技術開発区尤沈路79号
設立:2012年5月21日
資本金:8億円
株主:三菱樹脂株式会社 100%
代表者:董事長 大林 厚、総経理 吉本 和宏
事業内容:農POフィルムの製造販売
生産能力:約4,000t/年
工期:2012年9月着工、2013年8月稼働開始


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  3. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  4. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  9. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  10. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  2. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
ページ上部へ戻る