温室ハウスの大規模化・近代化が進む中国市場において、長期利用可能な高機能性フィルム工場が現地にて竣工(三菱樹脂)

三菱樹脂株式会社では、中国における農業ハウスの大型化、近代化に伴うフィルムの高機能化を見込み、中国で普及が期待される温室ハウス用の長期使用が可能な農POフィルムを現地にて生産するため、新会社を設立し、工場の開業式を実施した。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

温室ハウスの大規模化・近代化が進む中国市場において、現地の機能フィルム工場が竣工(三菱樹脂)

中国 無錫市の農業ハウス用高機能フィルム工場の竣工について
2013年08月07日

 三菱樹脂株式会社(本社:東京都千代田区 社長:姥貝 卓美)は、中国・江蘇省無錫市に設立した農業ハウス用高機能フィルムの製造・販売子会社 無錫菱樹農用薄膜材料科技有限公司(本社:中国江蘇省無錫市、董事長:大林 厚、以降 無錫菱樹社)の工場が完成し、本日、現地にて開業式を実施しましたので、お知らせいたします。


 当社の農業資材事業は、子会社の三菱樹脂アグリドリーム株式会社が農業ハウス用フィルム等を製造し、主に国内を中心に事業展開しています。一方、中国は、既に日本の70倍以上の施設園芸面積を有し、かつ今後も施設面積の拡大や農業ハウスの大型化、近代化に伴うフィルムの高機能化が見込まれています。

そのような状況のなか、当社は、中国で普及が期待される長期使用性(2〜5年)を有する農業ハウスの外張り用ポリオレフィン系フィルム(以降、農POフィルム)を現地にて生産し、中国市場に供給するべく、約20億円を投じて、現地子会社(無錫菱樹社)を設立し、その工場の建設工事を進めてまいりました。そして、今春、工場が完成し、8月より営業運転に入ったことから、本日、現地にて開業式を実施しました。


 開業式には、無錫市や無錫市錫山区、錫山経済技術開発区の幹部他関係者、工事関係者、中国の顧客など、総勢約80名が出席し、社長の姥貝は「今日という良き日を迎えることができましたのも、多くの関係者のお力添えがあってのことと心より感謝申し上げます。

これからも、高品質、高性能な製品をより低コストで提供し、中国での安定した農業生産、安全安心な食品づくりに貢献してまいります」と述べ、無錫菱樹社の董事長である大林は「歴史と伝統、また自然環境にも恵まれたこの無錫で、お客様のため、従業員のため、中国のため、日本のために貢献できる会社を目指し、努力してゆく所存です」と述べました。


 当社グループは、農POフィルムを農業ハウスの外張り用フィルムとして中国市場に広く供給していくことに加え、三菱樹脂アグリドリーム社が2011年から中国において実証実験を行っている太陽光利用型植物工場※向けのフィルムとしても使用するなど、中国での農業資材関連事業の拡大に向けて積極的に取り組んでまいります。なお、無錫菱樹社の2015年度の売上目標は20〜30億円です。


※三菱樹脂アグリドリーム社の太陽光利用型植物工場は、人工光を用いた完全閉鎖型の苗生産装置で苗を育て、その苗を、農POフィルムなどの高機能フィルムを使用して環境条件を制御した農業ハウス内に移し、養液栽培で周年計画的に野菜を生産するシステムです。

【無錫菱樹農用薄膜材料科技有限公司の概要】
所在地:中国江蘇省無錫市錫山経済技術開発区尤沈路79号
設立:2012年5月21日
資本金:8億円
株主:三菱樹脂株式会社 100%
代表者:董事長 大林 厚、総経理 吉本 和宏
事業内容:農POフィルムの製造販売
生産能力:約4,000t/年
工期:2012年9月着工、2013年8月稼働開始


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  2. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  6. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  4. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
ページ上部へ戻る