3か月先の短期気候予測による穀物の世界的豊凶予測の手法開発<農業環境技術研究所など>

農業環境技術研究所は、収穫の3カ月前にコメと小麦が豊作か不作かを予測する手法を開発した。「不作が予測された国への緊急食糧援助計画を立案するなど、国際的支援に役立てられる」と説明している。以下、同機関によるプレスリリースの一部を掲載しておく。

世界のコムギとコメの不作を収穫3か月前に予測する手法の開発
<季節予測による穀物の世界的豊凶予測>


独立行政法人農業環境技術研究所と独立行政法人海洋研究開発機構は、3か月先の短期気候予測 (季節予測) による穀物の世界的豊凶予測の手法開発を行いました。気温と土壌水分量の季節予測データを用いることで、コムギとコメの豊凶を世界の栽培面積の約2割について、収穫3か月前に予測できることが示されました。


穀物輸出国の不作は国際市場価格に大きく影響するため、この予測技術の精度を向上させ世界の穀物生産の動向を監視するために利用することが期待されます。この研究成果は、全球レベルでの定量的な豊凶予測が可能になったことが評価され、7月21日に Nature Climate Change 誌のオンライン版に掲載されます。


研究の内容・意義
コムギとコメについて、観測された生育後期3か月間の気象条件 (気温と土壌水分量の前年差) と、当該年の収量と前年の収量との比を重回帰分析したところ、世界の栽培面積の30% (コムギ) と33% (コメ) で、気象条件から収量の前年比を精度良く推定できることが分かりました。豊凶予測が可能な地域が、世界全体でどの程度あるのかを定量化できたことは本研究の大きな成果です。


収穫3か月前に短期気候変動予測モデルで予測した生育後期の気温と土壌水分量のデータを、得られた重回帰式に入力したところ、豊凶を予測し得る地域の約半分で、観測された不作 (当該年の収量が前年よりも5%以上低下する場合) を再現できました。

また、前年に比べて豊作 (当該年の収量が前年よりも5%以上増加) になる場合についても、不作と同様に、再現できました。不作が再現できた地域は世界の栽培面積の18% (コムギ) と19% (コメ) に相当しました。例えば、コムギでは、図3 に示すように、米国やオーストラリアの一部で、またコメではタイやウルグアイなどの一部で収量前年比を収穫3か月前に予測できました。

※ 詳細は同機関によるプレスリリースをご参照下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  3. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  4. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  5. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  2. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
ページ上部へ戻る