宝塚・マイ野菜市民農園の運営主体である宝塚メディア図書館が野菜工場管理者の本格的な育成講座を開講

マイ野菜市民農園(宝塚市)の運営主体である宝塚メディア図書館では、野菜工場管理者の本格的な育成に乗り出すため、8月2日から育成講座を開講する。プログラムでは、世界で初めて野菜工場における結球レタスの栽培に成功した株式会社森久エンジニアリングと提携。同社の持つ栽培の技術的基礎から市場ニーズ、収益性までをカバーする講座を提供する予定である。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

野菜工場の管理者を育成する、本格講座が開講

マイ野菜市民農園(宝塚市)の運営主体である宝塚メディア図書館(代表理事 畑 祥雄 関西学院大学総合政策学部 教授)が、野菜工場管理者の本格的な育成に乗り出す。8月2日に開講する9日間の講座では、世界で初めて野菜工場における結球レタスの栽培に成功した株式会社森久エンジニアリングと提携。同社の持つ栽培の技術的基礎から市場ニーズ、収益性までをカバーする講座です。


8月に開講する講座は金、土、日の3日間を3回行う合計9日間(28講座)の初級コースで、費用は20万円(税込)。定員は15名で、企業からの人員派遣に配慮した週末中心のもの。既に野菜工場誘致に意欲的な自治体や、野菜工場の全国展開を視野に入れた企業から問い合わせがすでに寄せられています。

講師陣は関西学院大学と森久エンジニアリングのネットワークをフルに活用し、大規模野菜工場の経営者から大手食品流通会社、大手設備企業技術者、神戸大教授など、専門分野の実務と実習を中心に行われるのが特徴となる。


「全国的に急激に増えた野菜工場建設の引き合いをこなすためには、工場管理者育成が急務です」と、森久エンジニアリン社長、森一生氏が講座開設の動機を語る。既に野菜工場を計画している企業からの引き合いに直面し、「(人材不足が)危険水域です」と言う。
顧客の要求に応えられるように野菜を「カスタマイズ」できるレベルの管理者育成を目指す本格的な内容が用意されている。


<概要>
研修講座会場所在地:
兵庫県宝塚市逆瀬川1−13−1
カルチェヌーボB2F

URL:マイ野菜市民農園

http://www.myyasai.jp/

募集人数 15名

講座費用20万円(28講座)
(税込:授業料19万円+入塾料1万円)


<会社概要>
一般社団法人 宝塚メディア図書館
代表理事 畑 祥雄
(関西学院大学 総合政策学部 教授)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  3. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  4. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  5. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  6. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  7. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  8. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  4. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
ページ上部へ戻る