有機JAS認証を行うオーガニック認定機構との提携を通じて、グローバルGAP取得も含めた申請窓口の一元化へ(テュフズードジャパン)

テュフズードジャパン株式会社では、農林水産省が管轄する有機食品の検査認証制度における登録認定機関である、株式会社オーガニック認定機構と、グローバルG.A.P.と有機JAS規格の認証取得における共同審査を行うための業務提携を行う

本業務提携により、両認証取得を希望する場合、申請窓口の一元化による手続きの簡素化や、共同審査による監査日程の効率化などのメリットを受けることができるようになる。以下、同社によるプレスリリースを掲載する。

テュフズードジャパン、有機JAS認証の登録認定機関であるオーガニック認定機構と業務提携

テュフズードジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:アンドレアス・シュタンゲ、以下、テュフズードジャパン) は、農林水産省が管轄する有機食品の検査認証制度における登録認定機関である、株式会社オーガニック認定機構(本社:福岡県福岡市、代表取締役: 東端 國夫、以下、OCO) と、グローバルG.A.P.と有機JAS規格の認証取得における共同審査を行うための業務提携を行います。

今回の提携により、両認証取得を希望する同一のお客様に対しては、申請窓口の一元化による手続きの簡素化や、共同審査による監査日程の効率化などのメリットを提供できるようになります。 


食品安全に対する意識が年々高まる中、農作物の安全性に対して、国内外を問わずより一層高い基準が求められています。たとえば農作物のサプライヤー選定の際、農業者が日々の農場運営の中で実施すべき農産物の安全性や労働安全の向上を含めた、持続可能性の高い環境保全型農業を実践しているかを判断する明確な物差しがこれまで以上に求められています。

そのチェック項目を定めたグローバルG.A.P.は、ヨーロッパを中心に世界110カ国以上で実践されている適正農業規範の世界標準です。世界の農作物市場、特に欧州の大手小売業者においては、グローバルG.A.P.認証の取得が農業生産者に対する取引条件となっており、その傾向は日本国内の大手小売業者においても受け入れられ始めています。


また、農薬や化学肥料を使わない有機食品についても、食品安全を強く求める消費者の間でニーズが高まっていますが、その一方で、「有機」と称する野菜が市場に氾濫し、「有機」の定義があいまいになっていることで、有機農産物への信頼性が損なわれています。


これを受けて定められた有機JAS規格は、品位、成分、性能等の品質を規定するJAS規格に基づき、有機農産物、有機加工食品、有機飼料及び有機畜産物の4品目を対象に定められた規格です。有機農産物や農産物加工食品に「有機」や「オーガニック」と表示するには、「有機JASマーク」の貼付が必要となり、正規の基準を満たす有機農作物や加工食品などを手に入れたい消費者の需要に応えることができます。


今回の業務提携により、生産者は、GFSI承認規格の一つであるグローバルG.A.P.認証による「安全」と、JAS規格の一つである有機JAS規格による「品質」の認証審査を同時に受けられるようになります。OCOは、欧州委員会規則における「第三国リスト」において日本の認定機関として認められており、OCOで有機JAS認定を取得している事業者の場合、新たにEU認定を取得する事なく、EU域内へ有機製品として輸出する事ができます。 輸出する際にはOCOが発行するEU向けの検査証明書が必要となります。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  2. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  3. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  5. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  6. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  7. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  8. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  9. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  10. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  2. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  3. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る