アジアへの生鮮食品の輸出・瞬時に個別配送が可能なフロー型の拠点「羽田クロノゲート」を建設(ヤマトホールディングス)

ヤマトホールディングスは、物流改革を通じて日本の成長戦略に貢献する「バリュー・ネットワーキング構想」を7月3日に発表した。中でも最重要施設は、2013年9月に始動予定の「羽田クロノゲート」である。総事業費1400億円をかけて整備されている「羽田クロノゲート」では、さまざまな流通加工を行い、瞬時に個別配送が可能なフロー型の拠点として、アジア経済圏ナンバーワンの物流ソリューションプロバイダーを目指して建設されている。




従来の宅急便事業では、ベース(主管支店)に集荷した荷物を夕方までプールし、夜間に発送作業を行っていた。幹線輸送も1日1回のみであった。これに対して、羽田空港に隣接し、陸海空の輸送手段を活用できる羽田クロノゲートは24時間稼働であり、荷物の到着と同時に仕分けして、ヤマト運輸の各地のベースに即時に送り出す設備を備える


例えば羽田クロノゲートでは、異なる荷主から集荷した荷物を発送先別に集約して同梱する「クロスマージ」と呼ばれる機能を提供する。メーカーが海外の複数サプライヤーから部品を調達して、国内の複数工場に発送するにあたり、この機能を使うことで自社物流拠点での作業を大幅に軽減できる。


また生鮮食品の輸出でも「農家が出荷した野菜と、漁港から届いた蟹を詰め合わせ、クール宅急便で翌日に香港の飲食店に届ける」といった運用が可能になる。その他、通関や日本語ラベルの貼り付けなどのローカライズ作業も請け負う。


※ 詳細はヤマトホールディングスのウェブサイト、または日経BP「IT Pro」の記事をご参照下さい。