植物工場向けの光源開発を行う農業ベンチャーが害虫防除用の照明を提案。太陽光発電による蓄電式により手軽に設置可能(ホト・アグリ)

植物工場向けの光源の開発・販売を行う農業ベンチャーの株式会社ホト・アグリ(浜松市北区)が、害虫が嫌がる光を放って農作物を守る照明装置「ソーラーホトガード」を発売した。太陽光発電を使った製品で設置工事が必要なく、畑や温室などに手軽に配置できるのが特長である。


同社は昨年、害虫を光で誘引して捕獲する「ホトルイクス」を発売。その後農家から「温室の入り口から虫が入ってこないような製品が欲しい」との要望を受けて開発に取り組み、このたびの発売に至った。


「ソーラーホトガード」には、野菜の柔らかい葉を食べてしまうコナガやヨトウムシなどの害虫が嫌う黄色の発光ダイオード(LED)を採用。効果がある範囲は半径約10メートルで、同社の農場で試験によると、昨年大量発生した害虫が大幅に少なくなったという。


また同製品は太陽光発電による蓄電式で、つり下げるか地面に固定して使用する。「ポールタイプ」は高さ1メートルと60センチの二種類。持ち運べる「つり下げタイプ」(重さ1.8キロ)も設定した。最長10時間の点灯可能。LEDは害虫が多く発生する夕方に自動的に点灯し、害虫が少なくなる時間には照度を半分にしたエコモードに切り替わる。


現在同社ではJAや食品工場のほか、害虫防除会社などに幅広く販路を探っている。岩井万祐子社長は「ホトルイクスとともにこの数年で本格的に販売を伸ばしていきたい」と意気込んでいる。価格は三万四千〜三万六千円。初年度は150台、三年後には1000台の販売を目指している。(参考:中日新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  2. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  3. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  4. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  7. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  8. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  9. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
ページ上部へ戻る