植物工場向けの光源開発を行う農業ベンチャーが害虫防除用の照明を提案。太陽光発電による蓄電式により手軽に設置可能(ホト・アグリ)

植物工場向けの光源の開発・販売を行う農業ベンチャーの株式会社ホト・アグリ(浜松市北区)が、害虫が嫌がる光を放って農作物を守る照明装置「ソーラーホトガード」を発売した。太陽光発電を使った製品で設置工事が必要なく、畑や温室などに手軽に配置できるのが特長である。


同社は昨年、害虫を光で誘引して捕獲する「ホトルイクス」を発売。その後農家から「温室の入り口から虫が入ってこないような製品が欲しい」との要望を受けて開発に取り組み、このたびの発売に至った。


「ソーラーホトガード」には、野菜の柔らかい葉を食べてしまうコナガやヨトウムシなどの害虫が嫌う黄色の発光ダイオード(LED)を採用。効果がある範囲は半径約10メートルで、同社の農場で試験によると、昨年大量発生した害虫が大幅に少なくなったという。


また同製品は太陽光発電による蓄電式で、つり下げるか地面に固定して使用する。「ポールタイプ」は高さ1メートルと60センチの二種類。持ち運べる「つり下げタイプ」(重さ1.8キロ)も設定した。最長10時間の点灯可能。LEDは害虫が多く発生する夕方に自動的に点灯し、害虫が少なくなる時間には照度を半分にしたエコモードに切り替わる。


現在同社ではJAや食品工場のほか、害虫防除会社などに幅広く販路を探っている。岩井万祐子社長は「ホトルイクスとともにこの数年で本格的に販売を伸ばしていきたい」と意気込んでいる。価格は三万四千〜三万六千円。初年度は150台、三年後には1000台の販売を目指している。(参考:中日新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  3. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  5. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  6. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  7. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  8. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  9. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  10. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る