サウジ、水資源確保のために小麦自給縮小、そして日常生活品の輸出も禁止へ(サウジ企業の経営に大きな影響)

サウジアラビアは2008年1月に、国内での小麦買い上げ量を年間12.5%ずつ減らし、2015年までに100%を海外からの輸入に切り替えることを公表した。政府は過去30年に渡って小麦自給率100%を維持してきたが、農業用水は大量の地下水を使用するため、国内では石油よりも早く、水資源の方が枯渇する危機感を持っているようだ。
 
 
輸入小麦への完全依存計画は着実に進んでいる。最近の政府発表によると、予想よりも国内での小麦生産量が減少しており、サウジ政府:Agriculture Minister の Fahad Balghunaim 氏によると、小麦自給の削減計画を実施してから2年経過するが、今までに栽培面積の40%ほどが減少しているという。
 
 
US Department of Agriculture によると、サウジの2008年の小麦収穫量が170万トン。そして、2009年は120万トン以下になると予測されている。また、サウジ政府の穀物管理機関であるGSFMOのトップである Waleed al Khariji 氏によると、2016年までには年間300万トンを輸入し、国内消費を輸入小麦のみで満たす計画であることを公表している。
 
 
こうした水資源への危機感は相当なものである。恐らく我々が考えている以上に、政府は危機感を持っているようで、日用生活品(食品など)の海外輸出を禁じる計画も決定した。サウジには、Almarai 社 など、日用生活品を近隣諸国に輸出している大手企業も数多く存在するが、国内消費以上の過剰な生産を禁止することで、生産するまでに使用する大量の水を節約しようというもの
 
 
サウジ国内の関連企業への打撃は深刻なものだろう。海外への販売が出来ないことから、大きな損失が予想されるが、今の所どういった補償が行われるのかは未定である。今回の日用生活品の海外への輸出禁止措置も、国内住民の必要最低限の生活用水・農業用水を確保するためであるとのこと。それにしても、政府にこれだけの危機感があれば、海水を淡水化するプラント技術の需要は、ますます高まりそうな気がします。<写真:Almarai 社 の商品>


 
 
※ 参考資料:サウジアラビアの農林水産業概況(農水省)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  6. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  7. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  10. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
ページ上部へ戻る