サウジ、水資源確保のために小麦自給縮小、そして日常生活品の輸出も禁止へ(サウジ企業の経営に大きな影響)

サウジアラビアは2008年1月に、国内での小麦買い上げ量を年間12.5%ずつ減らし、2015年までに100%を海外からの輸入に切り替えることを公表した。政府は過去30年に渡って小麦自給率100%を維持してきたが、農業用水は大量の地下水を使用するため、国内では石油よりも早く、水資源の方が枯渇する危機感を持っているようだ。
 
 
輸入小麦への完全依存計画は着実に進んでいる。最近の政府発表によると、予想よりも国内での小麦生産量が減少しており、サウジ政府:Agriculture Minister の Fahad Balghunaim 氏によると、小麦自給の削減計画を実施してから2年経過するが、今までに栽培面積の40%ほどが減少しているという。
 
 
US Department of Agriculture によると、サウジの2008年の小麦収穫量が170万トン。そして、2009年は120万トン以下になると予測されている。また、サウジ政府の穀物管理機関であるGSFMOのトップである Waleed al Khariji 氏によると、2016年までには年間300万トンを輸入し、国内消費を輸入小麦のみで満たす計画であることを公表している。
 
 
こうした水資源への危機感は相当なものである。恐らく我々が考えている以上に、政府は危機感を持っているようで、日用生活品(食品など)の海外輸出を禁じる計画も決定した。サウジには、Almarai 社 など、日用生活品を近隣諸国に輸出している大手企業も数多く存在するが、国内消費以上の過剰な生産を禁止することで、生産するまでに使用する大量の水を節約しようというもの
 
 
サウジ国内の関連企業への打撃は深刻なものだろう。海外への販売が出来ないことから、大きな損失が予想されるが、今の所どういった補償が行われるのかは未定である。今回の日用生活品の海外への輸出禁止措置も、国内住民の必要最低限の生活用水・農業用水を確保するためであるとのこと。それにしても、政府にこれだけの危機感があれば、海水を淡水化するプラント技術の需要は、ますます高まりそうな気がします。<写真:Almarai 社 の商品>


 
 
※ 参考資料:サウジアラビアの農林水産業概況(農水省)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  3. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  4. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  6. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  10. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  4. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
ページ上部へ戻る