サウジ、水資源確保のために小麦自給縮小、そして日常生活品の輸出も禁止へ(サウジ企業の経営に大きな影響)

サウジアラビアは2008年1月に、国内での小麦買い上げ量を年間12.5%ずつ減らし、2015年までに100%を海外からの輸入に切り替えることを公表した。政府は過去30年に渡って小麦自給率100%を維持してきたが、農業用水は大量の地下水を使用するため、国内では石油よりも早く、水資源の方が枯渇する危機感を持っているようだ。
 
 
輸入小麦への完全依存計画は着実に進んでいる。最近の政府発表によると、予想よりも国内での小麦生産量が減少しており、サウジ政府:Agriculture Minister の Fahad Balghunaim 氏によると、小麦自給の削減計画を実施してから2年経過するが、今までに栽培面積の40%ほどが減少しているという。
 
 
US Department of Agriculture によると、サウジの2008年の小麦収穫量が170万トン。そして、2009年は120万トン以下になると予測されている。また、サウジ政府の穀物管理機関であるGSFMOのトップである Waleed al Khariji 氏によると、2016年までには年間300万トンを輸入し、国内消費を輸入小麦のみで満たす計画であることを公表している。
 
 
こうした水資源への危機感は相当なものである。恐らく我々が考えている以上に、政府は危機感を持っているようで、日用生活品(食品など)の海外輸出を禁じる計画も決定した。サウジには、Almarai 社 など、日用生活品を近隣諸国に輸出している大手企業も数多く存在するが、国内消費以上の過剰な生産を禁止することで、生産するまでに使用する大量の水を節約しようというもの
 
 
サウジ国内の関連企業への打撃は深刻なものだろう。海外への販売が出来ないことから、大きな損失が予想されるが、今の所どういった補償が行われるのかは未定である。今回の日用生活品の海外への輸出禁止措置も、国内住民の必要最低限の生活用水・農業用水を確保するためであるとのこと。それにしても、政府にこれだけの危機感があれば、海水を淡水化するプラント技術の需要は、ますます高まりそうな気がします。<写真:Almarai 社 の商品>


 
 
※ 参考資料:サウジアラビアの農林水産業概況(農水省)