サウジ、水資源確保のために小麦自給縮小、そして日常生活品の輸出も禁止へ(サウジ企業の経営に大きな影響)

サウジアラビアは2008年1月に、国内での小麦買い上げ量を年間12.5%ずつ減らし、2015年までに100%を海外からの輸入に切り替えることを公表した。政府は過去30年に渡って小麦自給率100%を維持してきたが、農業用水は大量の地下水を使用するため、国内では石油よりも早く、水資源の方が枯渇する危機感を持っているようだ。
 
 
輸入小麦への完全依存計画は着実に進んでいる。最近の政府発表によると、予想よりも国内での小麦生産量が減少しており、サウジ政府:Agriculture Minister の Fahad Balghunaim 氏によると、小麦自給の削減計画を実施してから2年経過するが、今までに栽培面積の40%ほどが減少しているという。
 
 
US Department of Agriculture によると、サウジの2008年の小麦収穫量が170万トン。そして、2009年は120万トン以下になると予測されている。また、サウジ政府の穀物管理機関であるGSFMOのトップである Waleed al Khariji 氏によると、2016年までには年間300万トンを輸入し、国内消費を輸入小麦のみで満たす計画であることを公表している。
 
 
こうした水資源への危機感は相当なものである。恐らく我々が考えている以上に、政府は危機感を持っているようで、日用生活品(食品など)の海外輸出を禁じる計画も決定した。サウジには、Almarai 社 など、日用生活品を近隣諸国に輸出している大手企業も数多く存在するが、国内消費以上の過剰な生産を禁止することで、生産するまでに使用する大量の水を節約しようというもの
 
 
サウジ国内の関連企業への打撃は深刻なものだろう。海外への販売が出来ないことから、大きな損失が予想されるが、今の所どういった補償が行われるのかは未定である。今回の日用生活品の海外への輸出禁止措置も、国内住民の必要最低限の生活用水・農業用水を確保するためであるとのこと。それにしても、政府にこれだけの危機感があれば、海水を淡水化するプラント技術の需要は、ますます高まりそうな気がします。<写真:Almarai 社 の商品>


 
 
※ 参考資料:サウジアラビアの農林水産業概況(農水省)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  6. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
ページ上部へ戻る