高性能ワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」を発売 中継なしで700mを伝送可能に(株式会社プロビデント)

センサネットワークシステムの企画・開発・製造・販売を行う株式会社プロビデント(千葉県流山市)は、ワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」を7月1日より販売・出荷すると発表した。同製品は中継なしで最長700mを無線伝送できる初めての電池駆動型センサである。同社は定温・低湿度環境が求められる精密機械を生産する大規模製造工場や、流通倉庫、さらには最近急増してきた植物工場や大規模ビニールハウス農業の分野などへの販売・導入を目指している。


また同製品は920MHz帯の無線通信技術、および高性能温湿度センサモジュールを採用しており、省電力化を実現することにより長時間の電池駆動を可能となる。上記のほかに、大量のITサーバを保有するデータセンタや省エネシステムのモニタリング用センサとしても使用できるという。


以下、同社によるプレスリリースを引用し掲載する。

プロビデント、高性能ワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」を発売 – 最長700mを無線伝送できる電池駆動型センサ –

2013年6月18日

株式会社プロビデント(千葉県流山市)は、長距離無線伝送が可能な電池駆動型の高性能ワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」を開発しました。中継なしで700m(見通し)を伝送可能なワイアレス温湿度センサは初めて(当社比)です。この「Aシリーズ EM710」は、920MHz帯の無線通信技術、および高性能温湿度センサモジュールを採用した、極めて高性能なワイアレス温湿度センサです。合わせて省電力化を実現することにより長時間の電池駆動を可能にしました。プロビデントでは、このワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」を、7月1日より販売・出荷します。


本ワイアレス温湿度センサの適用分野としては、定温・低湿度環境が求められる精密機械を生産する大規模製造工場や、流通倉庫、さらには最近急増してきた植物工場や大規模ビニールハウス農業の分野などがあります。さらには、大量のITサーバを保有するデータセンタや省エネシステムのモニタリング用センサとしてもお使い頂けます。


この「Aシリーズ EM710」は、電池駆動で配線が不要のため設置工事が簡単です。計測したい場所に取り付け、上位システムで端末IDを登録すれば即時計測をスタートできます。尚、上位には受信機「CR710」が必要です。この上位受信機「CR710」は、USBケーブルで簡単にPCに接続することができます。


また、高精度な温湿度データを取得できることはもちろんのこと、「フィルターカバーキャップ」を使用し、水・ダスト・ほこり・汚染からセンサ部分を保護していますので、屋内外双方での使用が可能です。電池電圧情報を常時上位に送信していますので、電池交換の時期を把握し交換を促すことができ運用も安心です。


プロビデントでは、この高性能ワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」を、7月1日より販売・出荷いたします。


この高性能ワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」の詳細は、当社ホームページよりご確認ください。


【主な適用分野】  
 −定温・低湿度環境が求められる大規模製造工場(精密機械工場など)
 −定温・低温流通倉庫
 −温湿度管理が必要な植物工場・ビニールハウス
 −省エネシステムのフィールドモニタリング など

【特長】
1)上位受信機(CR710)との交信距離が長い
   - 見通しで最長700m
   - 中継装置(ルータ)不要(必要な場合もご用意可能)
2)電池駆動で配線不要のため設置工事が簡単
   - 計測場所に取り付け、STARTボタンを押下するだけで計測開始
   - 運転中もSTARTボタンの押下で、稼働状況や通信状況が確認可能
   - 計測間隔は、工場出荷オプションで任意に設定可能(標準5分)
3)ネットワーク構築が簡単
   - EM710の追加設置のみで計測地点を増やせる
   - EM710の端末IDを上位サーバで追加管理するだけで増設完了
4)温湿度計測精度が高い
   - センシリオン社の超小型・高信頼デジタル温湿度センサを使用
5)屋内外双方で使用可能
   - センサモジュールに「フィルターカバーキャップ」を使用し
    水・ダスト・ほこり・汚染から保護
6)電池交換時期を把握
   - 電池電圧通知機能付で電池交換時期が把握できる


【仕様】
●EM710 (温湿度センサ)
通信部: 周波数:920MHz、内蔵アンテナ
操作部: STARTスイッチ
表示部: LED(データ送信時点灯)
温湿度センサ: 温度測定範囲:-40〜123℃(精度@25℃:±0.4℃)、湿度測定範囲:0〜99.9%(精度:±4.5%)、フィルターカバーキャップ付
計測間隔: 標準5分(工場出荷オプション)
電源 : 単4電池×2本
サイズ: W80×D65×H22ミリメートル

●CR710 (上位受信機)
通信部: 周波数:920MHz、ダイポールアンテナ 、上位プロトコル:P-Cube(当社独自仕様)
表示部: 電源表示用LED
電源: USB給電(給電されると自動スタート)
サイズ: W80×D65×H22ミリメートル(アンテナ部除く)

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  3. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  5. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  8. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  9. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  10. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  2. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
ページ上部へ戻る