垂直式栽培によるエネルギー効率と生産性向上の実証実験により平面多段式より約2倍の照明効率を達成(アイ・エム・エー)


株式会社アイ・エム・エーでは、農林水産省の「H24緑と水の環境技術革命プロジェクト事業」新技術の確立・実証(技術実証等)に参加し、完全人工光型植物工場における一般的な平面多段式と垂直多段式栽培による収量や照明効率に関する実証実験を行った(左写真:栽培の様子、クリックにて拡大可能)。
以下に、その概要をご報告する。

【実証・実験の目的】・・・ランニングコストの低減

植物工場における農産業発展のためには、植物工場の初期投資コストと生産ランニングコストの低減が重要なファクターです。本実証テストでは、植物工場の生産ランニングコストの低減に取り組むために、垂直式栽培という新たな発想のもと、同じ単位面積あたりの生産株数の増大と、ランニングコストの約35%を占めると言われている電力(光源エネルギー)効率を高める垂直式栽培装置を新規に開発し、実験・実証を行いました。


【実証・実験の総括】・・・市場寄与効果は十分

大切なポイントは従前の平面多段式における収穫株数は効率の良い株間ピッチの追求もほぼ限界に来ており、新たな発想による栽培方式(栽培棚)の開発が植物工場の収益改善と市場拡大の急務であります。

そのような現状の中で、今回の垂直式栽培棚(技術実証等)の結果は、大変有効なシーズを生み出したと考えています。垂直式という発想の具体的なメリットと可能性を示せた事で、植物工場の市場に与えるインパクトと市場拡大や新規参入企業に与える寄与効果は十分にあると考えています。


【設計思想と具体的な成果】・・・168株 vs 324株 ⇒ 1.9倍実績
垂直式栽培装置とは、これまでの平面多段式の水平な定植面を垂直にすることで、単位面積(比較するために設定した同一面積を指す)あたりの定植株数の数量を飛躍的に増やす可能性を追求したもので、当初の設計段階では3割増を目標にしたが、機材開発の段階でピッチ調整をし、従前の平面多段式栽培棚168株に対し、今回の垂直式栽培棚では324株まで伸ばすことができ、実に1.9倍の定植株数(単位面積あたりの収穫株数比較)となりました。

エネルギー効率についても、単純比較ですが従前の平面多段式が蛍光灯1本あたり7株に対して、垂直式では13.5株となり1.93倍≒2倍の照明効率を得て、当初設定した目標を達成いたしました。

報告書(S−29)の詳細は農林水産省 食料産業局 新事業創出課プロジェクト推進2係、もしくは(株)アイ・エム・エーまで直接お問い合わせください。


【今後の展望】・・・アイディアひとつで大きく広がる可能性

今回制作した垂直式栽培棚は、レストランやイベント会場における集客素材としてのポテンシャルも秘めており、収量増やエネルギー効率の追求からの視点だけではなく、広く一般の人たちに視覚から植物工場の面白さ(価値と普及)をアピールし、製品である収穫野菜に対するマインドの醸成が、さらなる市場拡大に寄与する効果も大いに期待できます。

そのことは農業の六次産業化を促進し、植物工場市場に参入を考えている各種ジャンルの企業にとっても大変有効なシーズでありビジネスチャンスだと考え、(株)アイ・エム・エーでは、今回の実証実験機材を広く公開するための講座を準備開講いたしました。


▼垂直式栽培棚を体験できる講座のご案内▼

−植物工場における最新の栽培技術習得から流通・販売および設計までの知識習得と、この度新規開発した垂直式栽培棚も「見て・さわって・体験」していただけます−

☆クリーンベジタブル検定講座

・第7期「土曜日コース」全8日間、2013年7月6日(土)開講
現在受講生募集中(定員になり次第締め切り)
詳細は弊社HPもしくはお電話でお問い合わせください。

・その他「水曜日コース」「月例3日間集中コース」「個別対応3日間集中コース」など、植物工場の知識や最新の栽培技術について学びたい人のために各種コースを設定しておりますので、お気軽に見学・お問い合わせお待ちしています。