垂直式栽培によるエネルギー効率と生産性向上の実証実験により平面多段式より約2倍の照明効率を達成(アイ・エム・エー)


株式会社アイ・エム・エーでは、農林水産省の「H24緑と水の環境技術革命プロジェクト事業」新技術の確立・実証(技術実証等)に参加し、完全人工光型植物工場における一般的な平面多段式と垂直多段式栽培による収量や照明効率に関する実証実験を行った(左写真:栽培の様子、クリックにて拡大可能)。
以下に、その概要をご報告する。

【実証・実験の目的】・・・ランニングコストの低減

植物工場における農産業発展のためには、植物工場の初期投資コストと生産ランニングコストの低減が重要なファクターです。本実証テストでは、植物工場の生産ランニングコストの低減に取り組むために、垂直式栽培という新たな発想のもと、同じ単位面積あたりの生産株数の増大と、ランニングコストの約35%を占めると言われている電力(光源エネルギー)効率を高める垂直式栽培装置を新規に開発し、実験・実証を行いました。


【実証・実験の総括】・・・市場寄与効果は十分

大切なポイントは従前の平面多段式における収穫株数は効率の良い株間ピッチの追求もほぼ限界に来ており、新たな発想による栽培方式(栽培棚)の開発が植物工場の収益改善と市場拡大の急務であります。

そのような現状の中で、今回の垂直式栽培棚(技術実証等)の結果は、大変有効なシーズを生み出したと考えています。垂直式という発想の具体的なメリットと可能性を示せた事で、植物工場の市場に与えるインパクトと市場拡大や新規参入企業に与える寄与効果は十分にあると考えています。


【設計思想と具体的な成果】・・・168株 vs 324株 ⇒ 1.9倍実績
垂直式栽培装置とは、これまでの平面多段式の水平な定植面を垂直にすることで、単位面積(比較するために設定した同一面積を指す)あたりの定植株数の数量を飛躍的に増やす可能性を追求したもので、当初の設計段階では3割増を目標にしたが、機材開発の段階でピッチ調整をし、従前の平面多段式栽培棚168株に対し、今回の垂直式栽培棚では324株まで伸ばすことができ、実に1.9倍の定植株数(単位面積あたりの収穫株数比較)となりました。

エネルギー効率についても、単純比較ですが従前の平面多段式が蛍光灯1本あたり7株に対して、垂直式では13.5株となり1.93倍≒2倍の照明効率を得て、当初設定した目標を達成いたしました。

報告書(S−29)の詳細は農林水産省 食料産業局 新事業創出課プロジェクト推進2係、もしくは(株)アイ・エム・エーまで直接お問い合わせください。


【今後の展望】・・・アイディアひとつで大きく広がる可能性

今回制作した垂直式栽培棚は、レストランやイベント会場における集客素材としてのポテンシャルも秘めており、収量増やエネルギー効率の追求からの視点だけではなく、広く一般の人たちに視覚から植物工場の面白さ(価値と普及)をアピールし、製品である収穫野菜に対するマインドの醸成が、さらなる市場拡大に寄与する効果も大いに期待できます。

そのことは農業の六次産業化を促進し、植物工場市場に参入を考えている各種ジャンルの企業にとっても大変有効なシーズでありビジネスチャンスだと考え、(株)アイ・エム・エーでは、今回の実証実験機材を広く公開するための講座を準備開講いたしました。


▼垂直式栽培棚を体験できる講座のご案内▼

−植物工場における最新の栽培技術習得から流通・販売および設計までの知識習得と、この度新規開発した垂直式栽培棚も「見て・さわって・体験」していただけます−

クリーンベジタブル検定講座

・第7期「土曜日コース」全8日間、2013年7月6日(土)開講
現在受講生募集中(定員になり次第締め切り)
詳細は弊社HPもしくはお電話でお問い合わせください。

・その他「水曜日コース」「月例3日間集中コース」「個別対応3日間集中コース」など、植物工場の知識や最新の栽培技術について学びたい人のために各種コースを設定しておりますので、お気軽に見学・お問い合わせお待ちしています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  3. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  9. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
ページ上部へ戻る