温室ハウスによる水耕栽培にて障がい者雇用を進めるファーマーズマーケットがカラフル葉野菜「スイスチャード」の本格生産・販売を開始

植物工場IT活用事例セミナー

障がい者を雇用した農業事業を展開している株式会社ファーマーズマーケットでは、温室ハウスによる水耕栽培にて生産したカラフル葉野菜であるスイスチャードの本格生産・販売を6月より開始する。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

ファーマーズマーケット千葉下田農場
カラフル葉野菜「スイスチャード」の本格生産・販売を開始

地域の障がい者を雇用した農業事業を展開している(株)ファーマーズマーケット千葉下田農場(千葉県千葉市若葉区) http://www.fmkt.jp では、2013年3月からの試験生産・販売期間を経て、6月より「農薬不使用栽培 スイスチャード」の本格生産・販売を開始しました。


スイスチャードは、オレンジ・ピンク・黄色などの色鮮やかな茎が特徴の葉野菜。その色あいは、強力な抗酸化作用を持つ天然色素として注目の高い「ベタライン類色素」によるもので、生産過程で一切着色に手を加えていない100%天然色。


通常は若葉のみを生食用とし、大きな葉は加熱調理される事の多い野菜ですが、千葉下田農場の水耕ハウス栽培スイスチャードは、青臭さやアクが少なく柔らかい為、サラダなどで丸ごと生食が可能。クセの無い食味は様々な料理に馴染み易く、加熱用としても使えるので、彩りを活かして多用途で利用可能な葉野菜です。


ファーマーズマーケットでは、独自開発の「オーガテック農法※」を展開中。(※最新のテクノロジーとオーガニックの考え方を掛け合わせた造語)。知識や体力の無い方でも負担の少ない簡易作業と、農閑期の無い恒常的な作業を生み出すことで、障がい者の方への就労の場の提供と、通年生産・出荷体制の確立、相場に左右されない同一価格での商品提供を可能にしています。


「オーガテックハウス」は密閉された植物工場と違い、自然の力を最大限に取り入れた水耕栽培ハウス。自然の中での農作業は、障がい者の心身のリハビリに一定の効果を発揮することが報告されており、こうした職場環境を提供することが、生産者として働く障がい者の方々の一層の自立を促し、社会人の一員として地域社会に参加する自信と自覚・働く喜びを育んでいます。

現在、ファーマーズマーケット下田農場の「農薬不使用栽培 スイスチャード」は、卸業者様等を通して飲食店・量販店などの各方面へ出荷中。 お取扱い業者様を常時募集しています。

※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さい。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイトへ