建築事業展開のNTTファシリティーズが、福島県伊達市仮設住宅に設置の小型植物工場。避難住民が収穫を開始、心のケアにも

建築事業を展開するNTTファシリティーズが、福島県伊達市の伊達東仮設住宅の空き住宅に設置したユニット型の小型植物工場にて2013年6月6日、同仮設住宅に避難している飯舘村民がリーフレタスを収穫した。人工光型の植物工場は仮設住宅の避難者に農作業の喜びを思い出してもらおうと、飯舘村の許可を得て昨年12月に設置した


設置したシステムは、間口2.4メートル、奥行き2.7メートル、高さ2.2メートル。スチール製の棚による組み立て式で、重さは約400キロ。6畳の部屋であれば設営可能だという。設置にあたっては、電子機器のデンカイ、電設工事の広栄電設、資材調達の米沢工機、組み立ての工(たくみ)製作所県内4社が技術提供した。デンカイは次世代型の省エネ蛍光灯に関して協力した。


設置後、種まき、移植を経て今年1月から収穫が可能になった。そして6月6日に今年4回目の収穫作業を行い、同仮設住宅管理人らがリーフレタスを丁寧に摘み取った。同社は小松菜の栽培にも挑戦し、現在学校給食に食材として使えないか村と協議している。農業ビジネス推進室長は「空き仮設住宅を有効に活用し、引きこもりになりがちな被災者の支援をしたい」と語った。将来的に村に帰還した際には、ユニットごと運び出し学校などに移す方針だという。


以前記事でも紹介したように、同社は今までも東日本大震災以降、農業分野での被災地復興事業を進めており、2012年1月には明治大学等と、産官学による「農業とIT融合による新産業創出研究会」を立ち上げている。(参考:2013年6月7日 福島民報社より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  2. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  3. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  2. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  3. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  4. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
ページ上部へ戻る