建築事業展開のNTTファシリティーズが、福島県伊達市仮設住宅に設置の小型植物工場。避難住民が収穫を開始、心のケアにも

建築事業を展開するNTTファシリティーズが、福島県伊達市の伊達東仮設住宅の空き住宅に設置したユニット型の小型植物工場にて2013年6月6日、同仮設住宅に避難している飯舘村民がリーフレタスを収穫した。人工光型の植物工場は仮設住宅の避難者に農作業の喜びを思い出してもらおうと、飯舘村の許可を得て昨年12月に設置した


設置したシステムは、間口2.4メートル、奥行き2.7メートル、高さ2.2メートル。スチール製の棚による組み立て式で、重さは約400キロ。6畳の部屋であれば設営可能だという。設置にあたっては、電子機器のデンカイ、電設工事の広栄電設、資材調達の米沢工機、組み立ての工(たくみ)製作所県内4社が技術提供した。デンカイは次世代型の省エネ蛍光灯に関して協力した。


設置後、種まき、移植を経て今年1月から収穫が可能になった。そして6月6日に今年4回目の収穫作業を行い、同仮設住宅管理人らがリーフレタスを丁寧に摘み取った。同社は小松菜の栽培にも挑戦し、現在学校給食に食材として使えないか村と協議している。農業ビジネス推進室長は「空き仮設住宅を有効に活用し、引きこもりになりがちな被災者の支援をしたい」と語った。将来的に村に帰還した際には、ユニットごと運び出し学校などに移す方針だという。


以前記事でも紹介したように、同社は今までも東日本大震災以降、農業分野での被災地復興事業を進めており、2012年1月には明治大学等と、産官学による「農業とIT融合による新産業創出研究会」を立ち上げている。(参考:2013年6月7日 福島民報社より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  3. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  4. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  5. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  2. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  3. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る