景気悪化から電子部品の受注減少。製造・設計ノウハウを生かして植物育成装置の開発へ:ヒカリ電子工業

自動機械設計のヒカリ電子工業は、景気悪化によって主力である電子部品の受注が減少。そこで新規事業として考えたのが、LEDなどを使用した植物育成装置の開発。こうした植物工場・栽培分野へ乗り出した理由は、自動車組み立て機などを製造してきたノウハウを生かせる分野であったから
 
 
同社の植物育成装置はLEDなどの照明を制御しながら、特殊フィルムを使う「アイメック」栽培法により、野菜などの育成に最適な環境を実現するという。(メビオールが開発したアイメック栽培法については、A&E:アグリカルチャー&エコロジーも採用。以前の紹介記事はこちら
 
 
また、電子部品を生産してきた本社内の第1、第2工場(計約2400平方メートル)が空いたため、第2工場の一角を昨秋に植物工場に改造した。栽培にはLLC農援隊(農業ビジネスの参入支援組織:島根県出雲市)の指導を受けながら、トマトやイチゴを栽培。本工場では、開発中の装置を色々と試しながら、実験データなどを取得中だという。