巨大キャベツを作ろう!米国の食育・農業プロジェクト「Bonnie Plants」

 子供の教育には多少の競争が必要であると個人的には考えており、今回は、こうした教育プログラムの一つとしてBonnie Plants が開催する小学3年生を対象にしたキャベツコンテストをご紹介したい。

このコンテストは、食育や農業について学ぶプログラムの一環であり、子供達に「自分たちが普段食べている食べ物・野菜がどうやって作られているのか」を学べる非常に良い機会を提供している。

本プログラムに参加する子供たちには、キャベツの種とガーデニングセットが無料で配布され、担任の先生などの指導のもと、子供達は自分の力でキャベツの栽培に取り組む。

そして収穫シーズンになると、小学3年生を担任している先生が、生徒が栽培したキャベツの中でベスト1を選び、生徒の写真と栽培したキャベツの写真をBonnie Plants事務局に提出といった流れ。

本プラグロムとコンテストに参加している学校の中から、キャベツの大きさ・形などを判断基準に、州ごとにベスト1のキャベツを選び、優勝者には1000ドルの奨学金が与えられる。

昨年(2009年度)の参加者は、150万人にも上る大規模なプロジェクトになっており、優勝者のキャベツは非常に大きく、驚くばかりである。

巨大キャベツを作ろう!米国の食育・農業プロジェクト:Bonnie Plants(小学3年生の教育プログラム)巨大キャベツを作ろう!米国の食育・農業プロジェクト:Bonnie Plants(小学3年生の教育プログラム)
事務局によると、キャベツ栽培は比較的手間のかからない作物であり、子供達でも栽培が可能であることからキャベツを選んだという。そして素人でも、たまに大きなキャベツが育つこともあることから子供達にも評判が良い、という。

日本でも、こうした楽しみながら無意識に学べる「農業×娯楽」アグリテイメント分野にて、様々なプロジェクトを設立するために私たちもサポートしていく予定です。