巨大キャベツを作ろう!米国の食育・農業プロジェクト:Bonnie Plants(小学3年生の教育プログラム)

子供の教育には多少の競争が必要であると個人的には考えており、今回は、こうした教育プログラムの一つとしてBonnie Plants が開催する小学3年生を対象にしたキャベツコンテストをご紹介したい。このコンテストは、食育や農業について学ぶプログラムの一環であり、子供達に「自分たちが普段食べている食べ物・野菜がどうやって作られているのか」を学べる非常に良い機会を提供している。
 
 
本プログラムに参加する子供たちには、キャベツの種とガーデニングセットが無料で配布され、担任の先生などの指導のもと、子供達は自分の力でキャベツの栽培に取り組む。そして収穫シーズンになると、小学3年生を担任している先生が、生徒が栽培したキャベツの中でベスト1を選び、生徒の写真と栽培したキャベツの写真をBonnie Plants事務局に提出、といった流れ。
 
 
本プラグロムとコンテストに参加している学校の中から、キャベツの大きさ・形などを判断基準に、州ごとにベスト1のキャベツを選び、優勝者には1000ドルの奨学金が与えられる昨年(2009年度)の参加者は、150万人にも上る大規模なプロジェクトになっており、優勝者のキャベツは非常に大きく、驚くばかりである。(優勝した子供達が栽培したキャベツ写真
 
巨大キャベツを作ろう!米国の食育・農業プロジェクト:Bonnie Plants(小学3年生の教育プログラム)巨大キャベツを作ろう!米国の食育・農業プロジェクト:Bonnie Plants(小学3年生の教育プログラム)
 
事務局によると、キャベツ栽培は比較的手間のかからない作物であり、子供達でも栽培が可能であることからキャベツを選んだという。そして素人でも、たまに大きなキャベツが育つこともあるらしい。日本でも、こうしたプロジェクトが大規模にできないだろうか?
 
 
Bonnie PlantsのWEBサイトも充実しており参考になるが、プログラムに参加した子供達同士で、自分が栽培した作物を自慢し合ったり、ちょっとした栽培に関する質問ができるSNSも整備することで、地域の学校同士、さらには海外の学校同士で交流や意見交換ができれば素晴らしいな・・・と考えています。こうした教育プログラムが実施できれば、食育や農業(面白さを体験でき、将来的には農業をやりたい子供達も増えるかもしれない)に関する学習とIT教育などが同時にできるメリットもあるかと。皆様はどんなアイデアをお持ちですか?コメントや感想をお待ちしてます。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  4. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  5. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  6. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  7. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  8. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る