新潟県では植物工場への県内企業の参入や中・大規模植物工場と組み合わせた食材供給システムの構築を促進するため、店舗併設型の導入補助事業を開始

新潟県では、植物工場の周知を図り、植物工場関連市場への県内企業の参入や中・大規模植物工場と組み合わせた食材供給システムの構築を促進するため、店舗併設型(キャビネット式)植物工場の導入補助事業を行う。募集期間は2013年8月30日まで、補助金交付額は1件あたり70万円以内となっている。


弊社によると現在、レストランやホテル、ショッピングモールなどに設置されている店舗併設型事例は全国に30件以上あり、今後も導入事例が増える一方で、成功には独自サービスによる差別化が必要となるだろう。以下、県によるプレスリリースを掲載しておく。

店舗併設型(キャビネット式)植物工場の設置にかかる費用の一部を補助

新潟県では、植物工場の周知及び生産作物に対する消費者の理解を深めるとともに、店舗外の中・大規模な植物工場と組み合わせた野菜の流通を促進するため、小売・外食事業者等が店舗内にキャビネット式植物工場を導入する際の費用の一部を補助します。

※ 店舗併設型(キャビネット式)植物工場とは
飲食店舗内などの屋内施設に設置し、植物の栽培に適した環境整備を行うことができる外壁ユニットの内側に水耕あるいは養液栽培を行うユニットを内包した植物栽培装置のことをいいます。


1.補助対象者
県内の小売・外食店舗等事業者(個人又は企業等の法人)


2.補助対象事業等
○ 店舗併設型(キャビネット式)植物工場を店舗内に設置し、かつ、店舗併設型(キャビネット式)植物工場で栽培する作目について、事業主体又は事業主体以外の者が運営する店舗外の植物工場(※外部植物工場)から作物又は苗を調達することが可能な体制を整えること。

○ 店舗内で栽培・収穫した作物及び外部植物工場から調達した作物については、その作物が植物工場で栽培・収穫されたものであることを明らかにして消費者に提供すること。

※本事業では、「外部植物工場」とは以下のすべての要件を満たすものとします。

・屋内で栽培するシステムであること。
・人工光源(補光を含む。)を照射して栽培していること。
・環境及び生育をコンピュータ等を用いて常時モニタリングしていること。
・周年・計画栽培していること。


3.補助対象経費
(1)店舗併設型(キャビネット式)植物工場の設備購入及び設置工事に要する経費
・導入する店舗併設型(キャビネット式)植物工場は、県内に本社又は製造所を有する事業者が県内において製造した設備であること。

(2)植物工場の導入に関連した販売促進、広告宣伝に要する経費
・補助対象経費のうち事業促進費は機械整備費を超えないこと。

※交付決定以前に要した経費は対象となりません。


4.補助金交付額
1件当たり70万円以内


5.申請受付期間
平成25年5月30日(木)〜平成25年8月30日(金)

※ 詳細は新潟県による詳細サイトをご参照下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  4. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  5. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  6. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  7. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  9. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  4. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
ページ上部へ戻る