植物の生長にとって十分な光量を実現した低コスト型の植物育成用・白色LEDの販売へ。小型の育成装置の開発も(東神電気)

東神電気株式会社では、植物育成用LED光源の開発・販売を行う。同社の商品は植物の生長にとって十分な光量(光合成有効光量子束密度)を実現した低コスト型の白色LED照明となる。また同社では小型の栽培育成装置の開発にも取り組んでいる。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。


東神電気が植物工場用光源「tecoled G」を開発

架線金物メーカー国内大手の東神電気(大阪府、代表取締役社長:寺岡龍彦)は植物工場用光源「tecoled G」を開発しました。東神電気は電力・通信・鉄道業界で多くの自社製品が採用されており、また、新規事業であるLED照明事業においては官公庁をはじめ多数の企業にLED照明を納入しています。

この度、植物工場用光源「tecoled G」を発表するにあたり、東神電気の寺岡社長は「今まで、植物工場用光源としての性能を満たす光量が得られる製品はなかったが、tecoled Gは光合成有効光量子束密度も植物が十分に生育する数値を達成し、コスト面、寿命面でも差別優位性を有すると確信している。」との見解を表明しました。

また、5月29日から始まる電設工業展において「tecoled G」を組み込んだ植物育成装置のプロトタイプ「リーフマイスター」を参考出品することも明らかにされました。


「tecoled G」の開発は、明治大学黒川農場の伊藤善一専任講師からの依頼がきっかけで、東神電気が自社のLED製品をベースにして独自に開発・製品化を行いました。伊藤善一専任講師は「白色光が光形態形成の観点からも植物栽培用光源として適している。植物は青色と赤色の波長だけを利用している訳ではなく、すべての波長を含む白色光の方が植物の生育には適している。」と述べておられます。

今回、大阪工業大学工学部電子情報通信工学科の淀徳男教授に、波長測定などでご協力いただきました。淀教授のお話では「tecoled Gの安定性が非常に高く、放熱がしっかりできているので製品としての完成度が高い。」とのことです。

今後、さらに高品質な植物工場用光源の開発を、東神電気と明治大学と大阪工業大学の三者で共同研究を行っていく予定です。

(参考URL)
淀教授 http://www.oit.ac.jp/elc/lab/profile/yodo.html
伊藤専任講師 http://www.meiji.ac.jp/agri/laboratory/6t5h7p00000cffgc.html

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  2. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  3. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  4. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  5. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  3. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  4. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
ページ上部へ戻る