産業用ガス大手のエア・ウォーターが農機具メーカーを子会社化。水耕栽培などによる栽培・収穫から加工、流通までの一貫事業を目指して展開

産業用ガス大手のエア・ウォーターは5月21日、農機具メーカーの日農機製工(北海道足寄町)の発行済み株式を90%を取得し、子会社化したことを発表した。また同社では、関連会社3社も同時に買収することで、農業事業の拡大を目指す。同社は北海道千歳市の農園などで、オランダ式のハイテク温室ハウスを稼働させており本業のガスの技術を生かした水耕栽培により、ベビーリーフやリーフレタス、トマトなどの生産・販売を行っている(参考記事)。以下では、同社によるプレスるリリースを掲載しておく。

日農機製工株式会社への資本参加について

当社は2013年5月17日付で、畑作農機具メーカーである日農機製工株式会社(以下:日農機製工)へ資本参加いたしました。今後、同社が有する畑作用農機具分野における高い製品開発力・サービス体制と北海道の農業経営者との信頼関係、そこに当社グループが持つ技術力や北海道における事業インフラ、ネットワークを最大限に活用することにより、エア・ウォーターグループにおけるシナジーの創出ならびに新規事業分野である農業事業のさらなる事業拡大を図ってまいります。


1.株式譲受けの経緯・事業展開
当社は2009年に農業生産法人を設立し農業関連分野に進出して以来、大型施設による野菜生産、農産物選別機等機械メーカーならびに青果物卸・加工会社への資本参加、そして野菜・果実飲料製造への進出など、農産物、加工、流通から農業機械製造まで当社ならではの一貫した農業事業を目指し展開してまいりました。

そのような中、ビートハーベスターやカルチベーターなどの分野で北海道内トップシェアを誇り、北海道内6拠点の販売・サービスネットワークを有する日農機製工ならびに関連会社3社がエア・ウォーターグループに加わることにより、当社の農業関連事業は、生産・収穫に関する農機具技術へと幅を広げるとともに、農業経営者へのグループ力を生かした付加価値の高い提案を可能にいたします。


2.資本参加の概要
出資時期:2013年5月17日
出資比率:議決権ベースで90%(エア・ウォーター)


3.会社概要
<日農機製工株式会社>
(1)設立 1956 年
(2)本社 北海道足寄郡足寄町
(3)代表者 安久津昌義
(4)売上高 11 億円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 45 百万円
(6)事業内容 畑作向け農機具(ビートハーベスター、カルチベーター、マルチャー等)の製造販売
(7)従業員数 49 名


<日農機株式会社>
(1)設立 1968 年
(2)本社 北海道河東郡音更町
(3)代表者 安久津昌義
(4)売上高 26 億円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 30 百万円
(6)事業内容 農機具の卸売
(7)従業員数 42 名
(8)株主 日農機製工株式会社 100%


<日農運輸株式会社>
(1)設立 1976 年
(2)本社 北海道河東郡音更町
(3)代表者 藤田敬史
(4)売上高 1.1 億円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 10 百万円
(6)事業内容 一般区域貨物自動車運送業、貨物運送取扱業
(7)従業員数 10 名
(8)株主 日農機株式会社 100%


<ハト農機株式会社>
(1)設立 1978 年
(2)本社 北海道河東郡音更町
(3)代表者 安久津昌義
(4)売上高 12 百万円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 10 百万円
(6)事業内容 不動産賃貸業
(7)従業員数 0 名
(8)株主 日農機製工株式会社 55%、日農機株式会社45%

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  2. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  3. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  4. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  5. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  6. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  7. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  8. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NASAによる宇宙ステーションや火星探査での農業・植物工場への取り組み
     2015年8月10日には、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しているNASAの宇宙飛行士が、人工…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  4. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
ページ上部へ戻る