産業用ガス大手のエア・ウォーターが農機具メーカーを子会社化。水耕栽培などによる栽培・収穫から加工、流通までの一貫事業を目指して展開

産業用ガス大手のエア・ウォーターは5月21日、農機具メーカーの日農機製工(北海道足寄町)の発行済み株式を90%を取得し、子会社化したことを発表した。また同社では、関連会社3社も同時に買収することで、農業事業の拡大を目指す。同社は北海道千歳市の農園などで、オランダ式のハイテク温室ハウスを稼働させており本業のガスの技術を生かした水耕栽培により、ベビーリーフやリーフレタス、トマトなどの生産・販売を行っている(参考記事)。以下では、同社によるプレスるリリースを掲載しておく。

日農機製工株式会社への資本参加について

当社は2013年5月17日付で、畑作農機具メーカーである日農機製工株式会社(以下:日農機製工)へ資本参加いたしました。今後、同社が有する畑作用農機具分野における高い製品開発力・サービス体制と北海道の農業経営者との信頼関係、そこに当社グループが持つ技術力や北海道における事業インフラ、ネットワークを最大限に活用することにより、エア・ウォーターグループにおけるシナジーの創出ならびに新規事業分野である農業事業のさらなる事業拡大を図ってまいります。


1.株式譲受けの経緯・事業展開
当社は2009年に農業生産法人を設立し農業関連分野に進出して以来、大型施設による野菜生産、農産物選別機等機械メーカーならびに青果物卸・加工会社への資本参加、そして野菜・果実飲料製造への進出など、農産物、加工、流通から農業機械製造まで当社ならではの一貫した農業事業を目指し展開してまいりました。

そのような中、ビートハーベスターやカルチベーターなどの分野で北海道内トップシェアを誇り、北海道内6拠点の販売・サービスネットワークを有する日農機製工ならびに関連会社3社がエア・ウォーターグループに加わることにより、当社の農業関連事業は、生産・収穫に関する農機具技術へと幅を広げるとともに、農業経営者へのグループ力を生かした付加価値の高い提案を可能にいたします。


2.資本参加の概要
出資時期:2013年5月17日
出資比率:議決権ベースで90%(エア・ウォーター)


3.会社概要
<日農機製工株式会社>
(1)設立 1956 年
(2)本社 北海道足寄郡足寄町
(3)代表者 安久津昌義
(4)売上高 11 億円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 45 百万円
(6)事業内容 畑作向け農機具(ビートハーベスター、カルチベーター、マルチャー等)の製造販売
(7)従業員数 49 名


<日農機株式会社>
(1)設立 1968 年
(2)本社 北海道河東郡音更町
(3)代表者 安久津昌義
(4)売上高 26 億円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 30 百万円
(6)事業内容 農機具の卸売
(7)従業員数 42 名
(8)株主 日農機製工株式会社 100%


<日農運輸株式会社>
(1)設立 1976 年
(2)本社 北海道河東郡音更町
(3)代表者 藤田敬史
(4)売上高 1.1 億円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 10 百万円
(6)事業内容 一般区域貨物自動車運送業、貨物運送取扱業
(7)従業員数 10 名
(8)株主 日農機株式会社 100%


<ハト農機株式会社>
(1)設立 1978 年
(2)本社 北海道河東郡音更町
(3)代表者 安久津昌義
(4)売上高 12 百万円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 10 百万円
(6)事業内容 不動産賃貸業
(7)従業員数 0 名
(8)株主 日農機製工株式会社 55%、日農機株式会社45%

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  2. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  3. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  4. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  10. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
ページ上部へ戻る