産業用ガス大手のエア・ウォーターが農機具メーカーを子会社化。水耕栽培などによる栽培・収穫から加工、流通までの一貫事業を目指して展開

産業用ガス大手のエア・ウォーターは5月21日、農機具メーカーの日農機製工(北海道足寄町)の発行済み株式を90%を取得し、子会社化したことを発表した。また同社では、関連会社3社も同時に買収することで、農業事業の拡大を目指す。同社は北海道千歳市の農園などで、オランダ式のハイテク温室ハウスを稼働させており本業のガスの技術を生かした水耕栽培により、ベビーリーフやリーフレタス、トマトなどの生産・販売を行っている(参考記事)。以下では、同社によるプレスるリリースを掲載しておく。

日農機製工株式会社への資本参加について

当社は2013年5月17日付で、畑作農機具メーカーである日農機製工株式会社(以下:日農機製工)へ資本参加いたしました。今後、同社が有する畑作用農機具分野における高い製品開発力・サービス体制と北海道の農業経営者との信頼関係、そこに当社グループが持つ技術力や北海道における事業インフラ、ネットワークを最大限に活用することにより、エア・ウォーターグループにおけるシナジーの創出ならびに新規事業分野である農業事業のさらなる事業拡大を図ってまいります。


1.株式譲受けの経緯・事業展開
当社は2009年に農業生産法人を設立し農業関連分野に進出して以来、大型施設による野菜生産、農産物選別機等機械メーカーならびに青果物卸・加工会社への資本参加、そして野菜・果実飲料製造への進出など、農産物、加工、流通から農業機械製造まで当社ならではの一貫した農業事業を目指し展開してまいりました。

そのような中、ビートハーベスターやカルチベーターなどの分野で北海道内トップシェアを誇り、北海道内6拠点の販売・サービスネットワークを有する日農機製工ならびに関連会社3社がエア・ウォーターグループに加わることにより、当社の農業関連事業は、生産・収穫に関する農機具技術へと幅を広げるとともに、農業経営者へのグループ力を生かした付加価値の高い提案を可能にいたします。


2.資本参加の概要
出資時期:2013年5月17日
出資比率:議決権ベースで90%(エア・ウォーター)


3.会社概要
<日農機製工株式会社>
(1)設立 1956 年
(2)本社 北海道足寄郡足寄町
(3)代表者 安久津昌義
(4)売上高 11 億円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 45 百万円
(6)事業内容 畑作向け農機具(ビートハーベスター、カルチベーター、マルチャー等)の製造販売
(7)従業員数 49 名


<日農機株式会社>
(1)設立 1968 年
(2)本社 北海道河東郡音更町
(3)代表者 安久津昌義
(4)売上高 26 億円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 30 百万円
(6)事業内容 農機具の卸売
(7)従業員数 42 名
(8)株主 日農機製工株式会社 100%


<日農運輸株式会社>
(1)設立 1976 年
(2)本社 北海道河東郡音更町
(3)代表者 藤田敬史
(4)売上高 1.1 億円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 10 百万円
(6)事業内容 一般区域貨物自動車運送業、貨物運送取扱業
(7)従業員数 10 名
(8)株主 日農機株式会社 100%


<ハト農機株式会社>
(1)設立 1978 年
(2)本社 北海道河東郡音更町
(3)代表者 安久津昌義
(4)売上高 12 百万円(2012 年12 月現在)
(5)資本金 10 百万円
(6)事業内容 不動産賃貸業
(7)従業員数 0 名
(8)株主 日農機製工株式会社 55%、日農機株式会社45%

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  2. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  3. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  4. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  8. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  9. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る