家具組み込み型の家庭用植物工場システムに関するニーズ調査をパナソニックと共同実施/新しいライフスタイルの提案を目指す(住友林業・展示場)

住友林業株式会社は「家具組み込み型家庭用菜園システム」の実用化に向け、パナソニック株式会社と共同で受容性調査を開始した。神奈川県川崎市の住友林業新百合ヶ丘展示場に同システムを設置し、展示場来場者へのヒアリング調査を通して、同システムの受容性、嗜好性、事業性に関する調査を実施していく。


同社では、家庭用菜園システムを家具や住宅設備機器に組み込む空間設計の検証、未来型の新しいライフスタイルの提案を通じ、顧客の新たなニーズを把握した住宅商品提案につなげていく。また、パナソニックでは、千葉県柏の葉キャンパスにおいてネットワーク型の家庭用植物工場の実証実験を既に開始している(参考記事)。


住宅を購入する一般消費者の意識や要望の把握を期待するパナソニックと、新しい室内空間の提案により、新たなライフスタイル、住まい方の提案を検討する住友林業との方向性が一致し、協力して実用化に向けた検証を住宅展示場にて実施することとなった。


新百合ヶ丘展示場のリビングダイニングに、木質建材部材の製造販売事業を行う住友林業クレスト株式会社が製作したサイドボードに、現在研究開発中のパナソニックの家庭用菜園システムの実機を組み込み、来場者は直接見て触れることができる

サイドボードは展示場の内装と合わせた色合いでデザインし、システム機器単体の場合と比較し、室内空間に溶け込むインテリア性を追求している。展示場では、実際に同システムを活用し、液肥を利用した水耕栽培により、レタスをはじめとする数種の野菜類やハーブ類の栽培検証を行う。


検証内容としては、展示場来場者に対して、設置している家庭用菜園システムの試作機を説明し、アンケート形式によるヒアリングを実施する。アンケートでは、菜園システム機器の受容性はじめ、耕作を希望する作物の品目や家庭内での機器の設置場所、室内空間におけるデザイン性、インテリア性、希望するシステムの販売価格帯などのヒアリングを行い、商品化を検討する際の参考データとし、また、室内空間プラン設計の際の参考資料として活用する。<参考:住友林業によるプレスリリースより>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  7. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  8. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  9. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  3. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る