家具組み込み型の家庭用植物工場システムに関するニーズ調査をパナソニックと共同実施/新しいライフスタイルの提案を目指す(住友林業・展示場)

住友林業株式会社は「家具組み込み型家庭用菜園システム」の実用化に向け、パナソニック株式会社と共同で受容性調査を開始した。神奈川県川崎市の住友林業新百合ヶ丘展示場に同システムを設置し、展示場来場者へのヒアリング調査を通して、同システムの受容性、嗜好性、事業性に関する調査を実施していく。


同社では、家庭用菜園システムを家具や住宅設備機器に組み込む空間設計の検証、未来型の新しいライフスタイルの提案を通じ、顧客の新たなニーズを把握した住宅商品提案につなげていく。また、パナソニックでは、千葉県柏の葉キャンパスにおいてネットワーク型の家庭用植物工場の実証実験を既に開始している(参考記事)。


住宅を購入する一般消費者の意識や要望の把握を期待するパナソニックと、新しい室内空間の提案により、新たなライフスタイル、住まい方の提案を検討する住友林業との方向性が一致し、協力して実用化に向けた検証を住宅展示場にて実施することとなった。


新百合ヶ丘展示場のリビングダイニングに、木質建材部材の製造販売事業を行う住友林業クレスト株式会社が製作したサイドボードに、現在研究開発中のパナソニックの家庭用菜園システムの実機を組み込み、来場者は直接見て触れることができる

サイドボードは展示場の内装と合わせた色合いでデザインし、システム機器単体の場合と比較し、室内空間に溶け込むインテリア性を追求している。展示場では、実際に同システムを活用し、液肥を利用した水耕栽培により、レタスをはじめとする数種の野菜類やハーブ類の栽培検証を行う。


検証内容としては、展示場来場者に対して、設置している家庭用菜園システムの試作機を説明し、アンケート形式によるヒアリングを実施する。アンケートでは、菜園システム機器の受容性はじめ、耕作を希望する作物の品目や家庭内での機器の設置場所、室内空間におけるデザイン性、インテリア性、希望するシステムの販売価格帯などのヒアリングを行い、商品化を検討する際の参考データとし、また、室内空間プラン設計の際の参考資料として活用する。<参考:住友林業によるプレスリリースより>