田形青果ではコンビニ・スーパーなどの総菜需要の拡大を受けて最新のカット工場を新設。自動検品ラインや工場内にはカメラも設置

野菜の加工や卸売りなどを手掛ける田形青果株式会社(静岡市)はカット野菜の生産能力を2倍に引き上げるため、6月中にも新工場を稼働させる。同社は総菜メーカーや食品メーカーに、みじん切りなどにした野菜を販売している。高齢者や単身世帯の増加で手軽に食べられる総菜の需要は拡大傾向にある。生産能力の増強で需要増に対応する。


新設の工場が稼働すれば静岡市内に4カ所目となる。工場の延べ床面積は約400平方メートルで、工場の隣には野菜などを保管する冷蔵庫を設置する。建屋の建設費などを含めた総投資額は1億5000万円の見通し。新工場ではキャベツや白菜など葉物野菜を千切りにしたり、みじん切りにしたりする。鮮度を保つため、室温をセ氏15度に設定し、加工した野菜の殺菌や洗浄、検品をする。工場内にはカメラを設置し、タブレット(多機能携帯端末)などで加工現場を見せながら商談ができるようにする


新工場のカット野菜の生産能力は1日あたり30トン。新たに野菜の芯を切り抜く機械を導入するほか、異物の混入や変色した野菜などをチェックする自動検品ラインを設置する。総菜などの材料に使うカット野菜は、高齢者や単身世帯の増加で需要が拡大しつつある。コンビニエンスストアやスーパーなど小売り各社も総菜の品ぞろえの拡充に力を入れている。同社は総菜の需要増に伴い「今後もカット野菜の需要は拡大する」とみている。


同社は国内外から仕入れた野菜を加工し、総菜メーカーや食品メーカーに販売している。2013年5月期の売上高は18億円の見通し。新工場の稼働などを通じて17年5月期までに売上高を22億円に引き上げる。(参考 2013年5月15日 日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  2. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  5. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  6. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  7. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  8. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  9. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  10. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  2. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
ページ上部へ戻る